相対的期間キーワードの使用

利便性を考慮して、startDateendDate の各パラメータでは標準の YYYY-MM-DD 形式の代わりに次の特殊キーワードを使用できるようになっています。

  • today
  • startOfMonth
  • startOfYear
  • latest

これを使用すると、現在の日付を基にレポートが生成されます。下記のような応用的な使い方もできます。

レポート開始日終了日
過去 7 日間のパフォーマンスtoday-6dtoday
先月のパフォーマンスstartOfMonth-1mstartOfMonth-1d
過去 6 か月間startOfMonth-6mstartOfMonth-1d

このとき、加算(+)と減算(-)の演算子、および年(y)、月(m)、週(w)、日(d)の各期間を使用できます。

latest キーワード

latest キーワードの動作は前述のものとは異なり、YYYY-MM-DD という日付の表示形式で YYYYMM の代わりに使用できます。たとえば、現在から最も近い過去の 3 月 14 日を表す場合は latest-03-14、現在から最も近い過去の任意の月の 14 日を表す場合は latest-latest-14 となります。このとき、未来の日付が返されることはありません。

わかりやすいように、例を挙げて説明します。

リクエストされた日付現在の日付結果
latest-03-142014-03-152014-03-14
latest-03-142014-03-142014-03-14
latest-03-142014-03-132013-03-14
latest-latest-142014-03-152014-03-14
latest-latest-142014-03-142014-03-14
latest-latest-142014-03-132013-02-14

下記は、相対的な日付を使用した場合の期間の例です。

レポート開始日終了日
最も近い過去の 3 月 14 日latest-03-14latest-03-14
米国の予算年度開始日から現在まで(米国の予算年度は 10 月 1 日から翌年 9 月 30 日まで)latest-10-01today
最後の給料日以降の期間(毎月 25 日が給料日の場合)latest-latest-25today

レポートの例

次に示すのは、過去 6 か月間のアカウントのパフォーマンスを月別に表すレポートの例です。

レポートの例: 月ごとの収益とクリック数(過去 6 か月間、新しい月から順に表示)
開始日:startOfMonth-6m
終了日:startOfMonth-1d
ディメンション:MONTH
指標:EARNINGS, CLICKS
並び順:-MONTH

結果:

{
     "kind": "adsense#report",
     "totalMatchedRows": "6",
     "headers": [
       {"name": "MONTH", "type": "DIMENSION" }
       {"name": "EARNINGS", "type": "METRIC_CURRENCY", "currency": "USD"}
       {"name": "PAGE_VIEWS", "type": "METRIC_TALLY"}
     ],
     "rows": [
       ["2013-03", "285", "46320"],
       ...
       ["2012-10", "298", "49201"]
     ],
     "totals": ["", "1841", "300278"],
     "averages": ["", "288", "47501", ]
}
    

レポートの例
図 3: レポートの例

次のステップ