一括処理

互換性のないディメンションや指標がある場合や複数の方法でデータを集約する場合など、1 回のレポートでは必要な情報をすべて取得できないことがあります。

このような場合は複数のレポートを実行する必要があります。

この他に、リクエスト数を削減してアプリのパフォーマンスを向上させる効率的な方法として一括処理があります。

複数の独立したリクエストを実行する際の問題

実行するのは簡単ですが、複数の API リクエストを短時間に実行する方法では割り当て量の制限に達っしてしまう場合があります。

リクエストの割り当ては通常 1 ユーザーあたり 1 回/秒に制限されています。この値は Google Developers Console で設定できますが、リクエストをまとめて同時に実行せず、一括処理リクエストを作成することをおすすめします。

レポートの一括処理

ユーザー主導型アプリケーションの場合、まずできるだけ多くの独立したリクエストを 1 つの一括処理リクエストにまとめます。

レポート 1: 8 月の上位 10 か国
レポート 2: その 10 か国の 7 月の結果(比較用)
レポート 3: 8 月の上位 10 チャネル
レポート 4: その 10 チャネルの 7 月の結果(比較用)

上の例ではレポート 1 と 3 は独立していますが、それぞれ別の詳細データを表示するため 1 つのレポートにまとめられません。しかし、一括処理であれば 1 つにまとめられます。

レポート 2 と 4 はリクエストに対して適切なフィルタを設定する必要があるため、最初の一括処理の結果を取得した後にのみ実行できます。このため、最初の一括処理の結果を取得した後に 2 回目の一括処理として実行します。

すべてのリクエストを 1 つの一括処理にまとめた場合、上位 10 個のみではなく 7 月分のすべての値が返され、同様に 8 月分も返される可能性があります。この方法は、対象の AdSense アカウントのサイズやアプリケーションで使用可能なメモリ容量によっては有効です。

使用方法

一括処理はクライアント ライブラリによって方法が異なるため、各ドキュメントをよく読んで詳細を確認してください。クライアント ライブラリの関連ドキュメントへのリンクをいくつかご紹介します。

次のステップ

フィードバックを送信...