Chrome Dev Summit 2018 is happening now and streaming live on YouTube. Watch now.

User Timing の Mark と Measure

監査が重要である理由

User Timing API を利用して、アプリの JavaScript のパフォーマンスを計測することができます。 基本的には、スクリプトで最適化したい部分を決定して、その部分を User Timing API で計測します。 計測結果については、API を使用して JavaScript からアクセスするか、Chrome DevTools の Timeline の記録に表示させることができます。

監査に合格する方法

この監査は「合格」や「不合格」を判定する形式にはなっていません。単に、アプリのパフォーマンス計測に役立つ API を紹介するための項目になります。 Lighthouse のレポートに表示されるこの監査項目のスコアは、アプリ内で検出された User Timing の Mark および Measure の数に相当します。

アプリに User Timing の Mark と Measure が含まれている場合は、その Mark と Measure が Lighthouse のレポートに表示されます。

アプリの JavaScript のパフォーマンスを計測するために、User Timing API の使用を開始する際は、User Timing API の記事をご覧ください。

監査方法

このセクションでは Lighthouse による監査方法と監査スコアの算出方法を説明します。

Lighthouse では、Chrome の Trace Event Profiling Tool から User Timing のデータを抽出します。