Google Tag Manager API - 概要

このドキュメントでは、Google アナリティクスの Google Tag Manager API の概要を説明します。

概要

Google Tag Manager API を使用すると、承認済みのユーザーは Google タグ マネージャーの設定データにアクセスできます。この API では次の要素を管理できます。

はじめに

今すぐ利用を開始する場合は、デベロッパー ガイドをご覧ください。アプリケーションでこの API を使用する場合は、アプリケーションごとに登録、ユーザーの承認、API の処理などいくつかの操作を行う必要があります。デベロッパー ガイドでは、そうした操作が詳しく説明されています。すべての操作が完了した段階で、アプリケーションをカスタマイズできるようになります。

コンセプトの概要

この API を使用すると、階層構造になっている Google タグ マネージャーの複数の設定エンティティにアクセスできます。各ユーザーのアカウント リソースには 1 つ以上のコンテナを設定でき、コンテナごとに 1 つ以上のマクロと変数、ルールとトリガー、タグ、およびバージョンを作成できます。権限リソースを使用すると、アカウント単位でユーザー権限を管理できます。以下の図に、エンティティ間の親子関係を示します。

タグ マネージャーのエンティティの階層。
図 1: Google タグ マネージャーのリソースの親子関係。

Google Tag Manager API を使用すると、各エンティティにリソースとしてアクセスできます。特定の種類のリソースを集めたものをコレクションと呼びます。この API では、各コレクションが URI で公開されます。URI にクエリを実行すると、その URI にあるエンティティのリストが返されます。

Google Tag Manager API のメソッドと返されるデータについて詳しくは、リファレンスをご覧ください。

割り当てのポリシー

Google Tag Manager API では数百万という操作が処理されます。そこで、操作の量がシステムの能力を超えてしまわないようにするためにも、またシステム リソースを公平に配分するためにも、割り当てシステムが必要になります。具体的な制限については、制限と割り当てのガイドをご覧ください。

次のステップ

API の関連リソース: