リリースノート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リリースノートと小さなバグ修正はここに記載されます。

バージョン 4

PageSpeed Insights API の v4 は 2018 年 1 月にリリースされました。このバージョンでは Chrome ユーザー エクスペリエンス レポートの速度スコアが追加され、オリジナルの PSI スコアは、相対的なページ改善の余地を示すことを主眼とした「最適化スコア」として新たに生まれ変わりました。

バージョン 2

PageSpeed Insights API の v2 は 2015 年 1 月にリリースされました。このバージョンでは、「SPEED」や「USABILITY」といったルールのグループがサポートされました。

リリース後のアップデート:

  • 2017 年 5 月 12 日に、結果のカテゴリが追加されました。
  • 2017 年 2 月 2 日に、レンダリング エンジンが Webkit から Blink に変更されました。
  • 2016 年 12 月 12 日に、画像最適化ライブラリが mod_pagespeed 内のライブラリを使用するように変更されました。
  • 2016 年 8 月 23 日に、アプリ インストール インタースティシャルのルールが両方の API バージョンのスコアの計算から削除されました。このルールは 2016 年 11 月 1 日に完全に削除されました。

廃止予定。2018 年 6 月に公開終了となります。

バージョン 1

この API の最初のバージョンです。このリリースでは 40 の言語によるローカライズがサポートされています。

2013 年 10 月 29 日に、PageSpeed Insights で 1 年以上にわたり非推奨とされてきた ruleScore フィールドが API から削除されました。代わりに ruleImpact フィールドの使用をおすすめします。

公開終了。