ドアホン(電源直結型)

Google Nest Doorbell

Google Nest Doorbell(電源直結型)は、Smart Device Management(SDM)API でサポートされています。このデバイスは DOORBELL のデバイスタイプを返します。

sdm.devices.types.DOORBELL

Google Nest Doorbell(電源直結型)にはカメラが搭載されており、カメラはデバイスタイプのカメラと同じように機能します。

トレイト

リファレンス

このデバイスに関連するトレイト、コマンド、イベントは次のとおりです。

トレイト説明コマンドイベント
CameraClipPreviewこのトレイトは、クリップのプレビューのダウンロードに対応しているデバイスに使用します。ClipPreview
CameraLiveStreamこのトレイトは、ライブ配信をサポートするデバイスに使用します。GenerateWebRtcStream
ExtendWebRtcStream
StopWebRtcStream
CameraMotionこのトレイトは、モーション検知イベントをサポートするデバイスに使用します。モーション
CameraPersonこのトレイトは、人感センサーイベントをサポートするデバイスに使用します。人物
DoorbellChimeこのトレイトは、ドアホンのチャイムや関連する押下イベントをサポートするデバイスに使用します。チャイム
情報このトレイトはどのデバイスにも属し、デバイス関連の情報に使用します。

JSON

GET レスポンスにトレイトが存在しない場合、そのトレイトまたは機能がデバイスで現在利用できないことを示します。詳細については、デバイスタイプをご覧ください。

{
  "type" : "sdm.devices.types.DOORBELL",
  "traits" : {
    "sdm.devices.traits.CameraClipPreview" : {},
    "sdm.devices.traits.CameraLiveStream" : {
      "maxVideoResolution" : {
        "width" : 640,
        "height" : 480
      },
      "videoCodecs" : ["H264"],
      "audioCodecs" : ["AAC"],
      "supportedProtocols" : ["WEB_RTC"]
    },
    "sdm.devices.traits.CameraMotion" : {},
    "sdm.devices.traits.CameraPerson" : {},
    "sdm.devices.traits.DoorbellChime" : {},
    "sdm.devices.traits.Info" : {
      "customName" : "My device"
    }
  }
}

ドアホンとカメラのアクティビティを処理する

DOORBELL デバイスタイプからトリガーできるイベントは次のとおりです。

たとえば、ここではドアホンのボタンが押されたとします。

ペイロード

{
  "eventId" : "35616529-12a5-48b0-8520-75b12d1bf121",
"timestamp" : "2019-01-01T00:00:01Z",
"resourceUpdate" : { "name" : "enterprises/project-id/devices/device-id", "events" : { "sdm.devices.events.DoorbellChime.Chime" : { "eventSessionId" : "CjY5Y3VKaTZwR3o4Y19YbTVfMF...", "eventId" : "Gb45NP3qHXKWmyvKKPUeYbhdL7..." } } } "userId" : "AVPHwEuBfnPOnTqzVFT4IONX2Qqhu9EJ4ubO-bNnQ-yi",
"resourceGroup" : [ "enterprises/project-id/devices/device-id" ] }

プレビューできる動画クリップには、previewUrl のイベントが含まれます。クリップのプレビューは、イベントと同時に公開できます。 eventSessionId を使用して、このイベントと関連する previewUrl を 1 つ以上のサポートされているイベントに関連付けます。

ペイロード

{
  "eventId" : "d2d32e05-09d0-45ca-8142-67e52cb0ac90",
  "timestamp" : "2019-01-01T00:00:45Z",
  "resourceUpdate" : {
    "name" : "enterprises/project-id/devices/device-id",
    "events" : {
      "sdm.devices.events.DoorbellChime.Chime" : {
        "eventSessionId" : "CjY5Y3VKaTZwR3o4Y19YbTVfMF...",
        "eventId" : "Gb45NP3qHXKWmyvKKPUeYbhdL7..."
      },
      "sdm.devices.events.CameraClipPreview.ClipPreview" : {
        "eventSessionId" : "CjY5Y3VKaTZwR3o4Y19YbTVfMF...",
        "previewUrl" : "https://previewUrl/..."
      }
    }
  },
  "userId": "AVPHwEuBfnPOnTqzVFT4IONX2Qqhu9EJ4ubO-bNnQ-yi",
  "eventThreadId" : "d67cd3f7-86a7-425e-8bb3-462f92ec9f59",
  "eventThreadState" : "STARTED",
  "resourceGroup" : [
    "enterprises/project-id/devices/device-id"
    ]
  }
}

クリップをプレビューするには、HTTP Authorization ヘッダーで OAuth アクセス トークンを使用して、previewUrl に対する GET 呼び出しを行います。

プレビュー

curl -H 'Authorization: Bearer access-token' \
  https://previewUrl/...

クリップ プレビューは、mp4 形式の 10 フレームの動画ファイルです。mp4 動画ファイルを表示するか、別の形式(アニメーション GIF など)にコード変換して 10 フレーム シーケンス全体を表示するかを選択できます。クリップのプレビュー方法を選択する際は、デバイス クライアント機能を考慮する必要があります。

ライブ ストリームにアクセスする

カメラのライブ ストリームにアクセスできる。このデバイスでは、次のストリーム形式がサポートされています。

  • WebRTC

カメラとサポートされているストリーム形式の一覧については、サポートされているデバイスをご覧ください。

ライブ ストリームにアクセスするには、CameraLiveStreamトレイトの適切な GenerateFormatStream コマンドを使用します。

WebRTC


WebRTC ストリームの場合は、CameraLiveStream トレイトの GenerateWebRtcStream コマンドで offerSdp を送信して answerSdp を取得します。

リクエスト

POST /enterprises/project-id/devices/device-id:executeCommand
{
  "command" : "sdm.devices.commands.CameraLiveStream.GenerateWebRtcStream",
  "params" : {
    "offerSdp" : "offerSdp"
  }
}

レスポンス

{
  "results" : {
    "answerSdp" : "answerSdp",
    "expiresAt" : "2020-01-04T18:30:00.000Z",
    "mediaSessionId" : "6fetoNuSqT644Tyeu_cyoQL4mz..."
  }
}

ウェブ アプリケーション サンプルを使用して、ライブ配信を成功させる方法を学ぶことをおすすめします。このサンプルは、Google Nest カメラの SDP オファー制限をすべて満たす有効な offerSdp を生成します。

Google Nest カメラの SDP 特典は、次の制限を満たす必要があります。

  • 統合フォーマットのみがサポートされています。プラン B はサポートされていません。
  • すべてのメディア行(m=)がオファーに含まれ、次の順序で含まれている必要があります。
    1. 音声
    2. 動画
    3. アプリケーション
  • Trickle ICE はサポートされていますが、必須ではありません。
  • 音声に対応しているのは Opus コーデックのみです。
  • 音声設定は a=recvonly(受信専用)に設定する必要があります。
  • 特典は改行文字(\r\n または \n)で終わる必要があります。

answerSdp は、レスポンスを受け取ってから 30 秒以内にライブ ストリームを生成するために使用する必要があります。そうしないと、期限切れになります。期限切れの場合は、GenerateWebRtcStream コマンドを再度実行して、新しい answerSdp を受け取ります。

ライブ配信用に WebRTC チャンネルを開く場合は、データ チャンネルと動画チャンネルを必ず作成してください。

有効なオファーの例を見る

未フォーマット:

v=0\r\no=- 2214114893783582286 2 IN IP4 127.0.0.1\r\ns=-\r\nt=0 0\r\na=group:BUNDLE 0 1 2\r\na=extmap-allow-mixed\r\na=msid-semantic: WMS\r\nm=audio 9 UDP/TLS/RTP/SAVPF 111 63 103 104 9 0 8 106 105 13 110 112 113 126\r\nc=IN IP4 0.0.0.0\r\na=rtcp:9 IN IP4 0.0.0.0\r\na=ice-ufrag:6ReD\r\na=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4\r\na=ice-options:trickle\r\na=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C\r\na=setup:actpass\r\na=mid:0\r\na=extmap:1 urn:ietf:params:rtp-hdrext:ssrc-audio-level\r\na=extmap:2 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/abs-send-time\r\na=extmap:3 http://www.ietf.org/id/draft-holmer-rmcat-transport-wide-cc-extensions-01\r\na=extmap:4 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:mid\r\na=recvonly\r\na=rtcp-mux\r\na=rtpmap:111 opus/48000/2\r\na=rtcp-fb:111 transport-cc\r\na=fmtp:111 minptime=10;useinbandfec=1\r\na=rtpmap:63 red/48000/2\r\na=fmtp:63 111/111\r\na=rtpmap:103 ISAC/16000\r\na=rtpmap:104 ISAC/32000\r\na=rtpmap:9 G722/8000\r\na=rtpmap:0 PCMU/8000\r\na=rtpmap:8 PCMA/8000\r\na=rtpmap:106 CN/32000\r\na=rtpmap:105 CN/16000\r\na=rtpmap:13 CN/8000\r\na=rtpmap:110 telephone-event/48000\r\na=rtpmap:112 telephone-event/32000\r\na=rtpmap:113 telephone-event/16000\r\na=rtpmap:126 telephone-event/8000\r\nm=video 9 UDP/TLS/RTP/SAVPF 96 97 98 99 100 101 122 102 121 127 120 125 107 108 109 35 36 124 119 123 118 114 115 116 37\r\nc=IN IP4 0.0.0.0\r\na=rtcp:9 IN IP4 0.0.0.0\r\na=ice-ufrag:6ReD\r\na=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4\r\na=ice-options:trickle\r\na=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C\r\na=setup:actpass\r\na=mid:1\r\na=extmap:14 urn:ietf:params:rtp-hdrext:toffset\r\na=extmap:2 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/abs-send-time\r\na=extmap:13 urn:3gpp:video-orientation\r\na=extmap:3 http://www.ietf.org/id/draft-holmer-rmcat-transport-wide-cc-extensions-01\r\na=extmap:5 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/playout-delay\r\na=extmap:6 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/video-content-type\r\na=extmap:7 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/video-timing\r\na=extmap:8 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/color-space\r\na=extmap:4 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:mid\r\na=extmap:10 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:rtp-stream-id\r\na=extmap:11 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:repaired-rtp-stream-id\r\na=recvonly\r\na=rtcp-mux\r\na=rtcp-rsize\r\na=rtpmap:96 VP8/90000\r\na=rtcp-fb:96 goog-remb\r\na=rtcp-fb:96 transport-cc\r\na=rtcp-fb:96 ccm fir\r\na=rtcp-fb:96 nack\r\na=rtcp-fb:96 nack pli\r\na=rtpmap:97 rtx/90000\r\na=fmtp:97 apt=96\r\na=rtpmap:98 VP9/90000\r\na=rtcp-fb:98 goog-remb\r\na=rtcp-fb:98 transport-cc\r\na=rtcp-fb:98 ccm fir\r\na=rtcp-fb:98 nack\r\na=rtcp-fb:98 nack pli\r\na=fmtp:98 profile-id=0\r\na=rtpmap:99 rtx/90000\r\na=fmtp:99 apt=98\r\na=rtpmap:100 VP9/90000\r\na=rtcp-fb:100 goog-remb\r\na=rtcp-fb:100 transport-cc\r\na=rtcp-fb:100 ccm fir\r\na=rtcp-fb:100 nack\r\na=rtcp-fb:100 nack pli\r\na=fmtp:100 profile-id=2\r\na=rtpmap:101 rtx/90000\r\na=fmtp:101 apt=100\r\na=rtpmap:122 VP9/90000\r\na=rtcp-fb:122 goog-remb\r\na=rtcp-fb:122 transport-cc\r\na=rtcp-fb:122 ccm fir\r\na=rtcp-fb:122 nack\r\na=rtcp-fb:122 nack pli\r\na=fmtp:122 profile-id=1\r\na=rtpmap:102 H264/90000\r\na=rtcp-fb:102 goog-remb\r\na=rtcp-fb:102 transport-cc\r\na=rtcp-fb:102 ccm fir\r\na=rtcp-fb:102 nack\r\na=rtcp-fb:102 nack pli\r\na=fmtp:102 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=42001f\r\na=rtpmap:121 rtx/90000\r\na=fmtp:121 apt=102\r\na=rtpmap:127 H264/90000\r\na=rtcp-fb:127 goog-remb\r\na=rtcp-fb:127 transport-cc\r\na=rtcp-fb:127 ccm fir\r\na=rtcp-fb:127 nack\r\na=rtcp-fb:127 nack pli\r\na=fmtp:127 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=0;profile-level-id=42001f\r\na=rtpmap:120 rtx/90000\r\na=fmtp:120 apt=127\r\na=rtpmap:125 H264/90000\r\na=rtcp-fb:125 goog-remb\r\na=rtcp-fb:125 transport-cc\r\na=rtcp-fb:125 ccm fir\r\na=rtcp-fb:125 nack\r\na=rtcp-fb:125 nack pli\r\na=fmtp:125 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=42e01f\r\na=rtpmap:107 rtx/90000\r\na=fmtp:107 apt=125\r\na=rtpmap:108 H264/90000\r\na=rtcp-fb:108 goog-remb\r\na=rtcp-fb:108 transport-cc\r\na=rtcp-fb:108 ccm fir\r\na=rtcp-fb:108 nack\r\na=rtcp-fb:108 nack pli\r\na=fmtp:108 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=0;profile-level-id=42e01f\r\na=rtpmap:109 rtx/90000\r\na=fmtp:109 apt=108\r\na=rtpmap:35 AV1/90000\r\na=rtcp-fb:35 goog-remb\r\na=rtcp-fb:35 transport-cc\r\na=rtcp-fb:35 ccm fir\r\na=rtcp-fb:35 nack\r\na=rtcp-fb:35 nack pli\r\na=rtpmap:36 rtx/90000\r\na=fmtp:36 apt=35\r\na=rtpmap:124 H264/90000\r\na=rtcp-fb:124 goog-remb\r\na=rtcp-fb:124 transport-cc\r\na=rtcp-fb:124 ccm fir\r\na=rtcp-fb:124 nack\r\na=rtcp-fb:124 nack pli\r\na=fmtp:124 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=4d0032\r\na=rtpmap:119 rtx/90000\r\na=fmtp:119 apt=124\r\na=rtpmap:123 H264/90000\r\na=rtcp-fb:123 goog-remb\r\na=rtcp-fb:123 transport-cc\r\na=rtcp-fb:123 ccm fir\r\na=rtcp-fb:123 nack\r\na=rtcp-fb:123 nack pli\r\na=fmtp:123 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=640032\r\na=rtpmap:118 rtx/90000\r\na=fmtp:118 apt=123\r\na=rtpmap:114 red/90000\r\na=rtpmap:115 rtx/90000\r\na=fmtp:115 apt=114\r\na=rtpmap:116 ulpfec/90000\r\na=rtpmap:37 flexfec-03/90000\r\na=rtcp-fb:37 goog-remb\r\na=rtcp-fb:37 transport-cc\r\na=fmtp:37 repair-window=10000000\r\nm=application 9 UDP/DTLS/SCTP webrtc-datachannel\r\nc=IN IP4 0.0.0.0\r\na=ice-ufrag:6ReD\r\na=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4\r\na=ice-options:trickle\r\na=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C\r\na=setup:actpass\r\na=mid:2\r\na=sctp-port:5000\r\na=max-message-size:262144\r\n

フォーマット:

v=0
o=- 2214114893783582286 2 IN IP4 127.0.0.1
s=-
t=0 0
a=group:BUNDLE 0 1 2
a=extmap-allow-mixed
a=msid-semantic: WMS
m=audio 9 UDP/TLS/RTP/SAVPF 111 63 103 104 9 0 8 106 105 13 110 112 113 126
c=IN IP4 0.0.0.0
a=rtcp:9 IN IP4 0.0.0.0
a=ice-ufrag:6ReD
a=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4
a=ice-options:trickle
a=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C
a=setup:actpass
a=mid:0
a=extmap:1 urn:ietf:params:rtp-hdrext:ssrc-audio-level
a=extmap:2 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/abs-send-time
a=extmap:3 http://www.ietf.org/id/draft-holmer-rmcat-transport-wide-cc-extensions-01
a=extmap:4 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:mid
a=recvonly
a=rtcp-mux
a=rtpmap:111 opus/48000/2
a=rtcp-fb:111 transport-cc
a=fmtp:111 minptime=10;useinbandfec=1
a=rtpmap:63 red/48000/2
a=fmtp:63 111/111
a=rtpmap:103 ISAC/16000
a=rtpmap:104 ISAC/32000
a=rtpmap:9 G722/8000
a=rtpmap:0 PCMU/8000
a=rtpmap:8 PCMA/8000
a=rtpmap:106 CN/32000
a=rtpmap:105 CN/16000
a=rtpmap:13 CN/8000
a=rtpmap:110 telephone-event/48000
a=rtpmap:112 telephone-event/32000
a=rtpmap:113 telephone-event/16000
a=rtpmap:126 telephone-event/8000
m=video 9 UDP/TLS/RTP/SAVPF 96 97 98 99 100 101 122 102 121 127 120 125 107 108 109 35 36 124 119 123 118 114 115 116 37
c=IN IP4 0.0.0.0
a=rtcp:9 IN IP4 0.0.0.0
a=ice-ufrag:6ReD
a=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4
a=ice-options:trickle
a=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C
a=setup:actpass
a=mid:1
a=extmap:14 urn:ietf:params:rtp-hdrext:toffset
a=extmap:2 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/abs-send-time
a=extmap:13 urn:3gpp:video-orientation
a=extmap:3 http://www.ietf.org/id/draft-holmer-rmcat-transport-wide-cc-extensions-01
a=extmap:5 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/playout-delay
a=extmap:6 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/video-content-type
a=extmap:7 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/video-timing
a=extmap:8 http://www.webrtc.org/experiments/rtp-hdrext/color-space
a=extmap:4 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:mid
a=extmap:10 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:rtp-stream-id
a=extmap:11 urn:ietf:params:rtp-hdrext:sdes:repaired-rtp-stream-id
a=recvonly
a=rtcp-mux
a=rtcp-rsize
a=rtpmap:96 VP8/90000
a=rtcp-fb:96 goog-remb
a=rtcp-fb:96 transport-cc
a=rtcp-fb:96 ccm fir
a=rtcp-fb:96 nack
a=rtcp-fb:96 nack pli
a=rtpmap:97 rtx/90000
a=fmtp:97 apt=96
a=rtpmap:98 VP9/90000
a=rtcp-fb:98 goog-remb
a=rtcp-fb:98 transport-cc
a=rtcp-fb:98 ccm fir
a=rtcp-fb:98 nack
a=rtcp-fb:98 nack pli
a=fmtp:98 profile-id=0
a=rtpmap:99 rtx/90000
a=fmtp:99 apt=98
a=rtpmap:100 VP9/90000
a=rtcp-fb:100 goog-remb
a=rtcp-fb:100 transport-cc
a=rtcp-fb:100 ccm fir
a=rtcp-fb:100 nack
a=rtcp-fb:100 nack pli
a=fmtp:100 profile-id=2
a=rtpmap:101 rtx/90000
a=fmtp:101 apt=100
a=rtpmap:122 VP9/90000
a=rtcp-fb:122 goog-remb
a=rtcp-fb:122 transport-cc
a=rtcp-fb:122 ccm fir
a=rtcp-fb:122 nack
a=rtcp-fb:122 nack pli
a=fmtp:122 profile-id=1
a=rtpmap:102 H264/90000
a=rtcp-fb:102 goog-remb
a=rtcp-fb:102 transport-cc
a=rtcp-fb:102 ccm fir
a=rtcp-fb:102 nack
a=rtcp-fb:102 nack pli
a=fmtp:102 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=42001f
a=rtpmap:121 rtx/90000
a=fmtp:121 apt=102
a=rtpmap:127 H264/90000
a=rtcp-fb:127 goog-remb
a=rtcp-fb:127 transport-cc
a=rtcp-fb:127 ccm fir
a=rtcp-fb:127 nack
a=rtcp-fb:127 nack pli
a=fmtp:127 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=0;profile-level-id=42001f
a=rtpmap:120 rtx/90000
a=fmtp:120 apt=127
a=rtpmap:125 H264/90000
a=rtcp-fb:125 goog-remb
a=rtcp-fb:125 transport-cc
a=rtcp-fb:125 ccm fir
a=rtcp-fb:125 nack
a=rtcp-fb:125 nack pli
a=fmtp:125 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=42e01f
a=rtpmap:107 rtx/90000
a=fmtp:107 apt=125
a=rtpmap:108 H264/90000
a=rtcp-fb:108 goog-remb
a=rtcp-fb:108 transport-cc
a=rtcp-fb:108 ccm fir
a=rtcp-fb:108 nack
a=rtcp-fb:108 nack pli
a=fmtp:108 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=0;profile-level-id=42e01f
a=rtpmap:109 rtx/90000
a=fmtp:109 apt=108
a=rtpmap:35 AV1/90000
a=rtcp-fb:35 goog-remb
a=rtcp-fb:35 transport-cc
a=rtcp-fb:35 ccm fir
a=rtcp-fb:35 nack
a=rtcp-fb:35 nack pli
a=rtpmap:36 rtx/90000
a=fmtp:36 apt=35
a=rtpmap:124 H264/90000
a=rtcp-fb:124 goog-remb
a=rtcp-fb:124 transport-cc
a=rtcp-fb:124 ccm fir
a=rtcp-fb:124 nack
a=rtcp-fb:124 nack pli
a=fmtp:124 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=4d0032
a=rtpmap:119 rtx/90000
a=fmtp:119 apt=124
a=rtpmap:123 H264/90000
a=rtcp-fb:123 goog-remb
a=rtcp-fb:123 transport-cc
a=rtcp-fb:123 ccm fir
a=rtcp-fb:123 nack
a=rtcp-fb:123 nack pli
a=fmtp:123 level-asymmetry-allowed=1;packetization-mode=1;profile-level-id=640032
a=rtpmap:118 rtx/90000
a=fmtp:118 apt=123
a=rtpmap:114 red/90000
a=rtpmap:115 rtx/90000
a=fmtp:115 apt=114
a=rtpmap:116 ulpfec/90000
a=rtpmap:37 flexfec-03/90000
a=rtcp-fb:37 goog-remb
a=rtcp-fb:37 transport-cc
a=fmtp:37 repair-window=10000000
m=application 9 UDP/DTLS/SCTP webrtc-datachannel
c=IN IP4 0.0.0.0
a=ice-ufrag:6ReD
a=ice-pwd:QBmcZYd/t+InpMVkxQEEXnE4
a=ice-options:trickle
a=fingerprint:sha-256 DD:7E:6F:CD:B8:13:4E:37:D2:92:6D:8E:30:FB:FE:13:29:C9:F8:FD:78:0B:C4:59:42:61:BC:CF:02:91:6B:3C
a=setup:actpass
a=mid:2
a=sctp-port:5000
a=max-message-size:262144

ライブ ストリームを延長する

カメラのライブ ストリーム セッションの有効期間は 5 分間です。ライブ配信の有効期間を延長する必要がある場合は、生成したストリーム形式に適した CameraLiveStream トレイトの適切なFormatストリーム延長コマンドを使用します。

WebRTC


  電源直結型   

WebRTC ストリームは電源直結型のカメラでのみ拡張できます。バッテリー式カメラは、充電時に電源に接続すると電源式とみなされます。カメラの電源がオンの場合、アクティブな WebRTC ストリームの拡張リクエストは無視されます。

WebRTC ストリームを拡張するには、CameraLiveStream トレイトの ExtendWebRtcStream コマンドでストリームのメディア セッション ID を指定します。

リクエスト

POST /enterprises/project-id/devices/device-id:executeCommand
{
  "command" : "sdm.devices.commands.CameraLiveStream.ExtendWebRtcStream",
  "params" : {
    "mediaSessionId" : "6fetoNuSqT644Tyeu_cyoQL4mz..."
  }
}

レスポンス

{
  "results" : {
    "expiresAt" : "2018-01-04T18:30:00.000Z",
    "mediaSessionId" : "6fetoNuSqT644Tyeu_cyoQL4mz..."
  }
}

ライブ ストリームを停止する

カメラのライブ ストリームを使用しなくなった場合は、停止してストリームを無効にする必要があります。これを行うには、生成したストリーム形式に対応するCameraLiveStreamトレイトの適切な [Formatストリームを停止] コマンドを使用します。

WebRTC


WebRTC ストリームを停止するには、CameraLiveStream トレイトの StopWebRtcStream コマンドでメディア セッション ID を指定します。

リクエスト

POST /enterprises/project-id/devices/device-id:executeCommand
{
  "command" : "sdm.devices.commands.CameraLiveStream.StopWebRtcStream",
  "params" : {
    "mediaSessionId" : "6fetoNuSqT644Tyeu_cyoQL4mz..."
  }
}

レスポンス

{}

エラー

このデバイスに関連して、以下のエラーコードが返される可能性があります。

エラー メッセージ RPC トラブルシューティング
カメラのストリーミングは利用できません。 FAILED_PRECONDITION 技術的な問題により、カメラがオフラインになっているか、ストリーミングできません。
オファーの SDP が無効です。 INVALID_ARGUMENT オファーの SDP オーディオは a=recvonly(受信のみ)に設定する必要があります。
無効な特典 SDP に CRLF がありません。 INVALID_ARGUMENT WebRTC ストリームを生成しようとしたときに、offerSdp 文字列の末尾に改行文字がありません。offerSdp 文字列が \r\n または \n で終わることを確認してから、もう一度ストリームを生成してみてください。
Offer SDP の m 行が無効です。 INVALID_ARGUMENT Offer SDP には、音声、動画、アプリケーションの 3 行すべてをこの順序で含める必要があります。
タイムアウトのため、回答の SDP を取得できませんでした。 DEADLINE_EXCEEDED WebRTC ライブ ストリームをもう一度生成してみます。

API エラーコードの完全なリストについては、API エラーコード リファレンスをご覧ください。