特典の概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

特典の統合に参加するパートナーは、開始する前にアカウント設定の手順を完了する必要があります。クーポンの統合の実装、テスト、リリースについては、このガイドで詳しく説明します。統合の手順に進む前に、この概要と特典に関するポリシーをご確認ください。

特典

特典を統合すると、特定の時点で特定のサービスに適用されるプロモーションや割引に関する構造化された情報を中継できます。特典は、実際の特典(割引率、割引額など)、有効期間(特定の時間帯、曜日など)、適用可能な用途(特定のサービスでのみ使用できます)で構成されます。

クーポンの例:

  • 12 月(水曜日)と木曜日の午後 12 時~午後 5 時は前菜
  • 午後 6 時~午後 10 時に、母の日ディナーでデザート 1 品ご注文の方にデザートをもう 1 品無料で提供
  • 毎週日曜日の午前 10 時~午後 2 時までブランチ アントレを 500 円引き

統合をサービスに含めるには、技術データモデルに適合し、Google の資格要件を満たす必要があります。Google の特典に関するポリシーを確認し、統合がポリシーを遵守していることと、技術要件に合致しない特典への対応方法についてご確認ください。

クーポンの実装

商品情報の統合は、毎日アップロードされる 3 つのフィードで構成されます。

3 つのフィードはすべて毎日アップロードし、新しいデータや変更したデータだけでなく、すべてのデータを含めてください。以前にアップロードしたデータは、最新のフィード アップロードに含まれていないとすべて削除されます。

特典フィード汎用フィード ドロップボックスにアップロードされます。汎用フィード ドロップボックスのチュートリアルにある手順に従い、記述子ファイルで namepromote.offer に設定します。

エンドツーエンドの予約統合でのクーポン統合

特典は、Google で予約のエンドツーエンドの予約統合で使用できます。「Google で予約」のエンドツーエンド パートナーでもある場合は、エンドツーエンドの統合を完了し、特典を予約サーバーに統合する必要があります。「Google で予約」のエンドツーエンド パートナーでない場合、統合には影響しません。

開発とリリースのプロセス

統合の全体を通して、パートナー ポータルが開発状況に応じた情報やフィードバックを提供します。開発プロセスの流れは次のとおりです。

  • 統合は最初にサンドボックス環境で開発されます。Google サンドボックス環境では、本番環境(または本番環境データを直接エクスポート)をエクスポートする必要があります。これにより、開発ですべてのエッジケースが検出され、Google がデータ品質を評価して、データモデルに基づいてより適切なサポートを行えるようになります。
  • 販売者、サービス、取引に関する完全なフィードを Google サンドボックス環境で毎日アップロードすると、Google チームがフィードを評価します。Google チームから承認が得られたら、コードを本番環境に push し、Google の本番環境への本番環境データの送信を開始できます。
  • 本番環境への統合のテストが完了したら、Google チームもテストを行います。すべてのテストが完了したら、統合が開始されます。