マーケティングとメールに関するポリシー

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、マーケティングとメールに関するポリシーについて説明します。

メールと SMS に関する一般的なポリシー

「Google で予約」とそのパートナーは、予約の完了後にユーザーとやり取りする場合があります。

「Google で予約」から送信されるメール

「Google で予約」からユーザーに次のようなメールが送信される場合があります。

  • 予約または購入後の確認。
  • 予約またはイベントの開始時刻の 24 時間前通知。
  • 予約またはイベントの終了時間後のフィードバック リクエスト。

ユーザーは、プロモーション、新しいパートナー、開催予定のクラスやイベントに関する「Google で予約」のマーケティング通知を受け取ることもできます。この通知は任意であり、ユーザーが予約を完了するために必要ということはありません。

パートナー マーケティングのオプトイン

ユーザーは、「Google で予約」での予約時にパートナー マーケティングとプロモーションを有効にできます。パートナーが予約に対してこの機能を有効にするには、パートナー側でマーケティング設定の変更を実装する必要があります。

この機能を有効にした後は、お客様のリマーケティング設定を尊重する必要があります。つまり、以下を行う必要があります。

ユーザーがリマーケティングを許可する場合、パートナーはそのユーザーの連絡先情報をリマーケティング目的で使用できます。

ユーザーが予約時に [オプトアウト] またはリマーケティング チェックボックスがオフになっている場合、パートナーは次の情報のみを伝えます。

  • 予約したサービスの管理、管理、ユーザーへの通知に関連した妥当な目的がある場合。
  • 予約ごとに 1 回。予約されたサービスがレンダリングされた後、たとえばユーザー レビューを募るもの。

予約のユーザー情報を、パートナー側に保存されている既存のユーザー アカウントにトレースできる場合、パートナー側に保存されているユーザーのマーケティング設定は、ユーザーが「Google で予約」フローのリマーケティング チェックボックスに示されている値よりも優先されます。

すべてのメールの下部に登録解除のリンクを記載する必要があります。

パートナーは、ユーザーからのオプトアウト リクエストをすべて尊重する必要があります。

特定の国や地域で、規制に従って二重にオプトインする必要がある場合、「Google で予約」のフローで最初にオプトインした後に 2 回目のオプトインが必要です。

このポリシーに違反した場合、「Google で予約」プログラムから除外される可能性があります。