コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 向けのシンプルでバッテリー効率の高い位置情報 API

アプリは、デバイスの複数のセンサーから提供される信号を利用してデバイスの位置情報を判断できます。ただし、さまざまな状況で特定のタスクに対して適切なシグナルの組み合わせを選択するのは簡単ではありません。バッテリー効率に優れたソリューションを見つけることはさらに複雑になります。

Fused Location Provider は Google Play 開発者サービスの Location API で、さまざまなシグナルをインテリジェントに組み合わせ、アプリが必要とする位置情報を提供します。

Fused Location Provider は GPS や Wi-Fi などの基盤となる位置情報技術を管理し、必要なサービス品質を指定するためのシンプルな API を提供します。たとえば、可能な限り正確なデータを利用可能にしたり、消費電力を増やすことなく可能な限り高い精度を要求したりできます。

一般的な位置情報のシナリオのサポート

アプリは Fused Location Provider API を使用して、ユーザーのデバイスの直近の現在地情報をリクエストできます。通常、直近の位置情報を取得することは、位置情報を必要とするアプリの出発点に適しています。
位置情報をリクエストすると、GPS や Wi-Fi など、さまざまな位置情報が使用されます。どちらのソースを使用するかを判断するのは簡単ではありませんが、Fused Location Provider API を使うと、適切なシステム設定が自動的に変更されるため、推測に頼った予測が不要になります。アプリでは、目的のサービスレベルを指定するだけで済みます。
最後に取得した位置情報に加えて、Fused Location Provider API を使用すると、特定の間隔でアプリのコールバックに位置情報の更新を配信できます。サービス品質のパラメータとして、目的の間隔を指定できます。位置情報の更新を使用すると、アプリは方向や速度などの追加情報を提供できます。