Android 向けログインをお試しください

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android サンプルアプリを使用してログインの仕組みを確認するか、ログインを既存のアプリに追加します。

必須: 最新バージョンの Android StudioGoogle Play 開発者サービス

プロジェクトを取得する

初めて Google サービス サンプルを使用する場合は、google-services レポジトリをチェックアウトします。

$ git clone https://github.com/googlesamples/google-services.git

Android Studio を開きます。

[File > Open] を選択し、google-services リポジトリのクローンを作成した場所を参照して、google-services/android/signin を開きます。

Google API プロジェクトを構成する

サンプルを使用するには、追加情報を入力してプロジェクトの設定を完了する必要があります。下のボタンをクリックし、プロンプトが表示されたらパッケージ名 com.google.samples.quickstart.signin を指定します。また、署名証明書の SHA-1 ハッシュを指定する必要もあります。詳細については、クライアントの認証をご覧ください。

プロジェクトを構成する

サンプルの IdTokenActivity および ServerAuthCodeActivity の例では、OAuth 2.0 ウェブ クライアント ID を指定する必要があります。実際のアプリでは、このクライアント ID はアプリのバックエンド サーバーを表します。この目的でのクライアント ID は、上記のプロジェクトの構成時に作成されています。

Google API Console を開いてこの値を確認します。

Google API Console

ウェブサーバーのクライアント ID が [Web client (Auto-created for Google Sign-in)] の横に表示されます。クライアント ID をコピーして、プロジェクトの strings.xml ファイルに貼り付けます。

<string name="server_client_id">YOUR_SERVER_CLIENT_ID</string>

サンプルの実行

これで、Android Studio からサンプルをビルドして実行する準備ができました。

サンプルをビルドして実行ボタンをクリックし、最新バージョンの Google Play 開発者サービスが接続されているデバイスまたはエミュレータを選択します。

仕組み

アプリは、必要なログイン オプションを指定して GoogleSignInClient を作成します。その後、ログインボタンをクリックすると、アプリはログイン インテントを開始します。このインテントは、Google アカウントでログインするようユーザーに要求します。

// Configure sign-in to request the user's ID, email address, and basic
// profile. ID and basic profile are included in DEFAULT_SIGN_IN.
GoogleSignInOptions gso = new GoogleSignInOptions.Builder(GoogleSignInOptions.DEFAULT_SIGN_IN)
        .requestEmail()
        .build();
// Build a GoogleSignInClient with the options specified by gso.
mGoogleSignInClient = GoogleSignIn.getClient(this, gso);
private void signIn() {
    Intent signInIntent = mGoogleSignInClient.getSignInIntent();
    startActivityForResult(signInIntent, RC_SIGN_IN);
}

次のステップ

ご自分のアプリに Google ログインを実装する方法については、実装ガイドをご覧ください。

アプリにログイン機能を追加する

うまく試すことができず問題が発生した場合 Google までお知らせください。