コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Associate Android Developer

今回の認定資格を取得すると、Android デベロッパーとしてのキャリアを固めることができます。
勉強し、準備する
試験を受ける
終了時のインタビューを完了する
認定資格を取得する
要件

Android の習熟度

この試験は、エントリーレベルの Android デベロッパーのスキルを試すことを目的としています。したがって、この試験を受けるには、教育、自習、現在の仕事、またはこれまでの仕事で、このレベルのスキルが必要になります。「試験コンテンツ」を確認して、習熟度を評価します。試験は受けたいが、もう少し準備が必要だと思われる場合は、優れた Android トレーニング リソースで Android の知識を深めましょう。

母国語

試験はコーディング プロジェクトと修了試験で構成されます。現時点では、どちらの試験用コンポーネントも英語でのみ提供されています。

Android Studio

Associate Android Developer 認定試験を完了するには、最新バージョンの Android Studio を使用する必要があります。

年齢制限

13 歳未満の場合は、試験の受験や認定資格の資格を得ることができません。13 ~ 17 歳の場合は、保護者の同意を得たうえで、テストを行い、認定資格を取得できます。法律でこのようなプログラムへの参加資格の最低年齢を引き下げることが義務付けられている地域に参加している場合は、その参加者の最低年齢が、規定された最低年齢になります。18 歳以上の個人は、年齢に関する制限なしで認定を受けることができます。

ID 確認

禁輸措置のない国の政府機関発行の写真付き身分証明書を提示できる必要があります。(詳しくは、Google 追加利用規約の「アメリカ合衆国の禁輸措置が適用される国」のリストをご覧ください)。カナダ、米国、フランス、英国、アイルランド、オランダ、スイスでは、運転免許証を使用できます。それ以外の国については、現在有効なパスポートを指定する必要があります。

ウェブカメラを使用して身分証明書の写真をスキャンしてアップロードするか、以前にスキャンした身分証明書のコピーを JPG、PNG、BMP 形式でアップロードします。

試験内容

試験を受ける前に、試験に含まれるコーディング上の問題の種類を解決できるかどうか確認してください。準備するには、Associate Android Developer 学習ガイドをご利用ください。

アプリの機能

Android のメッセージ、マルチタスク、接続、メディア サービスを使用して、主にモバイル デバイス向けの高機能アプリを設計するアプリを作成します。

ユーザー インターフェース

Android の豊富な UI フレームワークを活用して、クリーンで効果的なユーザー インターフェースを備えたアプリを迅速に作成します。

データ管理

Android の効果的なフレームワークやテクニックを利用して、モバイル環境で効率的にデータの取得や保存を行うことができます。

デバッグ

Android Studio のデバッグツールを理解し、信頼性と堅牢性が高いアプリを作成します。

テスト

エラーや異常または予期しない動作を検出する目的で、実行中のプログラムの実行をテストできます。

よくある質問

試験の詳細

試験はパフォーマンス ベースであり、受験者の能力、表示内容、説明方法を評価するように設計されています。スターター アプリに基づくコーディング プロジェクトが与えられます。このプロジェクトでは、機能を追加してバグを修正するよう求められます。追加が必要な機能の種類と、検出と修正が求められるバグは、「試験コンテンツ」に記載されている能力にあります。

注: 試験を完了するには、高速で安定したインターネット接続が必要です。試験には制限時間があり、中断や再開はできません。[試験を開始] をクリックすると、直ちに 8 時間のタイマーが始動します。