コンテンツの閲覧

このセクションでは、メディアアプリでのコンテンツ ブラウジングの仕組み(ユーザーが下位レベルのビューに移動する方法など)について説明します。

メディアアプリでコンテンツを閲覧するプロセスでは、以下の手順を行います。

  • グリッドまたはコンテンツのリストの表示
  • ブラウズ可能なコンテンツ アイテム(再生可能なアイテムではなく、アイテムのコレクションを表すアイテム)を選択して、アイテムの詳細ビューに移動

コンテンツ項目の詳細ビューは、下位のコンテンツ スペースに存在し、グリッドまたはリスト形式でも表示されます。ユーザーは、アプリヘッダーの「戻る」アフォーダンスを使用して、下位レベルから上に移動できます。


コンテンツのグリッド表示とリスト表示

メディア コンテンツは、同じコンテンツ スペースでギャラリー表示、リスト表示、またはその両方の組み合わせで表示できます。コンテンツは、サブヘッダーで区切られたカテゴリに分類できます。ユーザーは、垂直方向にスクロールしてグリッドまたはリストを閲覧します。

グリッドとリストの形式は、コンテンツ スペースの最上位に表示されます。どちらの形式も任意のレベルで使用できます。

ユーザーは、コンテンツ スペース内を閲覧中に、ブラウズ可能なコンテンツ アイテム(アルバム、プレイリストなど)を選択して、そのアイテムの詳細(アルバムの曲、プレイリスト内の個々のアイテム)に移動できます。このように、ユーザーがコンテンツ空間に深く入り始めると、以前のレベルに戻るアフォーダンスを含むアプリヘッダーが画面の上部に表示されます。

ここで、アプリヘッダーの [戻る] 矢印をタップすると、ユーザーはコンテンツ スペースの最上位に戻ります。

ユーザーがグリッドやコンテンツ リストをスクロールしても、画面上部のアプリバー(またはアプリヘッダー)は固定されたままで、背後にコンテンツがスクロールされています。

固定アプリバーの背後でコンテンツがスクロールする