プレビュー ウィザード

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プレビュー ウィザードは、サイトにプレビューを迅速かつ簡単に、また確実に統合できるように設計されています。コードを生成してページに貼り付けるだけで、書籍ビューアを埋め込んだり、書籍検索にリンクしたり、サイトにプレビューの「ポップアップ」ウィンドウを追加したりできます。また、シンプルな JavaScript 関数を使用して、このコードをカスタマイズすることもできます。


プレビュー ウィザードは、Dynamic Links API と Embedded Viewer API の上に構築されたシンプルなコンビニエンス ライブラリです。カスタマイズされた統合をお探しの上級デベロッパーは、基盤となる API を直接使用することを検討してください。

プレビュー コードを生成する

生成されたプレビューの例

次の例は、プレビュー ウィザードを使用して生成されました。

  • previewwizard-embed: 書籍ビューアをページに埋め込みます。
  • previewwizard-popup: ページ上でフローティング プレビューを開くためにクリックできるボタンを追加します。
  • previewwizard-linktogbs: 書籍検索サイトのプレビューにリンクするボタンを挿入します。
  • previewwizard-customurl: 特定の URL に移動するボタンが表示されます。

コードをカスタマイズする

上記のウィザードを使用するだけでなく、簡単な JavaScript の「ヘルパー」関数を直接呼び出すこともできます。そのためには、まずプレビュー ウィザードのライブラリを読み込む必要があります。その一つの方法として、ページの <head> セクションに次のタグを追加する方法があります。

<script type="text/javascript" src="https://books.google.com/books/previewlib.js"></script>

プレビュー ライブラリを読み込んだら、ドキュメントの <body> 内にある <script> タグ内から次の関数を呼び出すことができます。たとえば、「Google プレビュー」ボタンを挿入する場合は、ページの目的の位置の <script> 要素に配置するコードを記述します。

GBS_setLanguage

GBS_setLanguage(languageCode)
    この関数が呼び出された後に追加されるボタンやテキストの言語を変更します。これには、[Google プレビュー] ボタンの言語、埋め込みプレビューのインターフェース言語などが含まれます。
    パラメータ:
      string languageCode - 必要な RFC 3066 言語コード(デフォルトは英語の「en」)。現在サポートされている言語コードには、hy、bg、ca、zh-CN、zh-TW、hr、cs、da、nl、en、fil、fi、fr、de、el、hi、hu、is、id、in、it、ja、ko、lv、lt、no、pl、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、pt、r

GBS_setViewerOptions

GBS_setViewerOptions(optionObj)
    パラメータ:
      Object optionsObj - Embedded Viewer API の DefaultViewer コンストラクタに渡される Key-Value ペアのセット。通常、これは高度なカスタマイズに使用されます。

GBS_setCobrandName

GBS_setCobrandName(cobrandName)
この関数は、パートナー プログラムで出版社が使用することを想定して、ブック検索へのプレビュー リンクの挿入時に使用するブランド提携検索サイトを設定します。ボタンを挿入する前にこの関数を呼び出すと、ブック検索のプレビューの上にパートナーのロゴが表示されます。
    パラメータ:
      string cobrandName - 任意の書籍検索 URL に追加する共同ブランド名。通常は、既存の共同ブランド プレビュー URL の /p/ の後に続きます。

      たとえば、値を sup に設定すると、ユーザーはデフォルトのリンクではなく、
      https://books.google.com/books/p/sup?id=Q8ysL64pM54C&printsec=frontcover
      のようなリンクに誘導されます。
      https://books.google.com/books?id=Q8ysL64pM54C&printsec=frontcover

GBS_insertEmbeddedViewer

GBS_insertEmbeddedViewer(identifier, opt_width, opt_height)
    この関数が呼び出されたときに、埋め込みの書籍プレビューを挿入します。プレビューが利用できない場合、視聴者は表示されません。
    パラメータ:
      Number opt_width - 目的の視聴者の幅(ピクセル単位)。
      Number opt_height - ビューアの希望の高さ(ピクセル単位)。

GBS_insertPreviewButtonPopup

GBS_insertPreviewButtonPopup(identifiers)
    書籍プレビューが利用可能な場合、この関数は [Google プレビュー] ボタンを書き出します。このボタンをクリックすると、ページの上部に「フローティング プレビュー ウィンドウ」が開きます。プレビューできない場合、ボタンは描画されません。

    この関数を内部で使用する Embedded Viewer API には、高度なデベロッパーも使用できます。

    パラメータ:
      string, Array identifier - プレビュー URL や、書籍識別情報(ISBN、OCLC、LCCN など)。Dynamic Links のリクエスト形式をご覧ください。書籍の複数の代替 ID がわかっている場合は、それらの ID の配列を渡すことができます。のいずれかでプレビューできる場合は、ボタンが表示されます。
GBS_insertPreviewButtonLink(identifiers, opt_options)
    書籍のプレビューが利用可能な場合、この関数は、書籍のプレビュー ページにリンクする「Google プレビュー」ボタンを出力します。デフォルトでは、Google ブックスでのプレビューへのリンクが表示されますが、次の操作もできます。
    • サイト上の URL へのリンク(埋め込みの閲覧者を含む)これを行うには、オプションの alternativeUrl オプションを渡します。
    • この関数の前に GBS_setCobrandName が呼び出された場合は、書籍のプレビュー ページの共同ブランド バージョンへのリンク。
    ユーザーがプレビューできない場合は、ページにボタンが描画されません。
    パラメータ:
      string, Array identifier - プレビュー URL や、書籍識別情報(ISBN、OCLC、LCCN など)。Dynamic Links のリクエスト形式をご覧ください。書籍の複数の代替 ID がわかっている場合は、それらの ID の配列を渡すことができます。のいずれかでプレビューできる場合は、ボタンが表示されます。
      Object opt_options - 省略可 - ボタンの動作を構成するために使用される名前マップ。現在サポートされているオプションは alternativeUrl です。たとえば、Google プレビュー ボタンをサイトのカスタム プレビュー ページにリンクするには、次のものを 2 番目の引数として GBS_insertPreviewButtonLink に渡します。
           { 'alternativeUrl' : 'http://yoursite.com/your-preview-page' }