リファレンス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Embedded Viewer API には、DefaultViewer というクラスが含まれています。API の使用の概要については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

コンストラクタの概要

google.books.DefaultViewer(div, opt_options)
Google 書籍検索の巻の埋め込みビューア。
 

メソッドの概要

string getPageNumber()
ビューポートに現在表示されているページのページ番号を返します。
string getPageId()
ビューポートに現在表示されているページの一意の識別子を返します。
boolean goToPage(pageNumber)
ページが存在し、そのページである場合に true を返します。
boolean goToPageId(pageId)
ページが存在し、そのページである場合に true を返します。
boolean isLoaded()
該当の書籍でビューアが正常に初期化されたかどうかを示します。
highlight(opt_string)
ビューポートで語句をハイライト表示します。
load(identifiers, opt_notFoundCallback, opt_successCallback)
ビューポートに書籍を読み込みます。
nextPage()
書籍の次のページに進みます。
previousPage()
書籍の前のページに移動します。
resize()
コンテナ div のサイズに合わせてビューアのサイズを変更します。
zoomIn()
ビューアにズームインします。
zoomOut()
ビューアのズームアウト。
 

コンストラクタの詳細

google.books.DefaultViewer

google.books.DefaultViewer(div, opt_options)
    Google 書籍検索の巻の埋め込み型ビューア。
    パラメータ:
      Element div - ビューポートを描画する Div。
      Object opt_options - ビューアに渡すオプションの Key-Value マップ。

メソッドの詳細

getPageNumber

string getPageNumber()
    ビューポートに現在表示されているページのページ番号を返します。
    戻り値:
      string 

getPageId

string getPageId()
    ビューポートに現在表示されているページの一意の識別子を返します。
    戻り値:
      string 

goToPage

boolean goToPage(pageNumber)
    ページが存在し、そのページである場合に true を返します。
    パラメータ:
      string, number pageNumber - リダイレクト先のページのページ番号。
    戻り値:
      boolean 

goToPageId

boolean goToPageId(pageId)
    ページが存在し、そのページである場合に true を返します。
    パラメータ:
      string pageId - アクセスするページの一意の識別子。
    戻り値:
      boolean 

読み込み済み

boolean isLoaded()
    load を使用して、指定された書籍でビューアが正常に初期化された場合に true を返します。
    戻り値:
      boolean 

ハイライト

highlight(opt_string)
    ビューポート内の語句がハイライト表示されます。
    パラメータ:
      string opt_string - ハイライトする文字列。null または undefined の場合、ハイライト表示はオフになります。

load

load(identifiers, opt_notFoundCallback, opt_successCallback)
    ビューポートに書籍を読み込みます。
    パラメータ:
      string, Array of strings identifiers - ISBN URL、OCLC などのプレビュー URL や書籍識別情報。Dynamic Links のリクエスト形式をご覧ください。書籍に複数の代替 ID(ハードカバーやソフトカバーの ISBN コードなど)を指定するには、それらの識別子文字列の Array を渡します。閲覧者は、配列に最初に埋め込まれている書籍を読み込みます。
      Function opt_notFoundCallback - identifier が書籍 ID で、書籍が見つからない場合はこのコールバックが呼び出されます。null を渡した場合、またはこのパラメータを省略した場合、失敗時に関数は呼び出されません。
      Function opt_successCallback - このコールバックは、閲覧者が特定の書籍について正常にインスタンス化され、nextPage などの関数呼び出しを受け取る準備ができている場合に実行されます。

次のページ

nextPage()
    書籍の次のページに移動する。

前のページ

previousPage()
    書籍の前のページに移動します。

resize

resize()
    コンテナ div のサイズに合わせてビューアのサイズを変更します。

拡大

zoomIn()
    ビューアを拡大表示します。

ズームアウト

zoomOut()
    ビューアからズームアウトします。

トップへ戻る