スタートガイド

API を呼び出すには、まず Google Play Console で直接 Google Play Developer API を設定、管理します。API を管理できるのは、Google Play デベロッパー アカウントの所有者に限られます。下記では、以下を行う方法について説明します。

  • 新規または既存の Google Cloud プロジェクトを設定する
  • OAuth クライアントを管理する
  • サービス アカウントを使用して Google Play Developer API にアクセスする
  • アプリの分析専用の API にアクセスする

アカウントとプロジェクトをリンクする

Google Play Developer API にアクセスするには、Google Play デベロッパー アカウントを Google Cloud プロジェクトにリンクする必要があります。既存のプロジェクトにリンクすることもできますが、通常は、Google Play デベロッパー アカウント専用の新しい Google Cloud プロジェクトを作成することをおすすめします。なお、Google Play デベロッパー アカウントはそれぞれ 1 つの Google Cloud プロジェクトにしかリンクできないので、注意してください。同じ Google Play デベロッパー アカウント内に複数のアプリがある場合、それらのアプリはすべて同じ Google Cloud プロジェクトを共有する必要があります。

新しいプロジェクトを作成する

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. 利用規約に同意します。
  3. [新しいプロジェクトを作成] をクリックします。

Google Cloud プロジェクトが自動的に生成され、Google Play Console にリンクされます。

既存のプロジェクトを使用する

Google Play Developer API をすでに利用している場合は、次の手順を行うことによって既存の API プロジェクトにリンクできます。

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. API 利用規約に同意します。
  3. リンクするプロジェクトを選択します。

    プロジェクトがリストに表示されない場合は、以下を確認します。

    • お使いの Google Play Console アカウントが所有者として指定されていること
    • プロジェクトで Google Play Developer API が有効になっていること
  4. [既存のプロジェクトをリンクする] をクリックします。

OAuth とサービス アカウントを設定する

OAuth クライアントまたはサービス アカウントで Google Play Developer API へのアクセスを設定する必要があります。通常、API にアクセスするには、サービス アカウントを使用する必要があります。

サービス アカウントは、サーバーなどの安全な環境で使用する必要があります。サービス アカウントの認証情報は、API の使用を許可されていない人に知られることのないように、安全に管理する必要があります。

各ユーザーの代わりに API にアクセスする必要がある場合は、OAuth クライアント ID を使用してください。たとえば、ウェブサイトがユーザーの代わりにウェブ クライアントから Google Play Developer API にアクセスする必要がある場合に、クライアント ID を使用できます。そのユーザーは、サービス アカウントではなく Google アカウントで認証されることになります。ウェブサイトはこれにより、サービス アカウントの認証情報を損なうことなく、ユーザーの代わりに API を呼び出せます。

  • サービス アカウント: 安全なソフトウェア サービスが API にアクセスする場合(最も一般的)
  • OAuth クライアント: ユーザーが API にアクセスする場合

サービス アカウントを使用する

Google Play Console からサービス アカウントを作成できます。

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. [サービス アカウント] で [新しいサービス アカウントを作成] をクリックします。
  3. ページの指示のとおり、サービス アカウントを作成します。

    Cloud プロジェクトが Google Play Console に表示されるように、アカウントの作成プロセス中に、そのプロジェクトへのアクセスをサービス アカウントに許可する必要があります。

  4. Google Play Console でサービス アカウントを作成したら、[完了] をクリックします。[API アクセス] ページの [サービス アカウント] セクションが自動的に更新され、作成したサービス アカウントがリストに表示されます。

  5. [アクセスを許可] をクリックして、操作を実行するために必要な権限をサービス アカウントに付与します。

    Google Play 請求サービスの API を使用するには、以下の権限を付与する必要があります。

    • 売上データ、注文、解約アンケートの回答の閲覧
    • 注文と定期購入の管理

この時点で、サービス アカウントを使用して Google Play Developer API にアクセスできるようになっています。詳細については、サーバー間アプリケーションに OAuth 2.0 を使用するをご覧ください。

OAuth クライアントを使用する

ユーザーが自分の認証情報で API を介して操作できるように、OAuth クライアントを設定できます。ユーザーの操作は、Google Play Console の [ユーザーと権限] ページで許可されているものに限定されます。

OAuth クライアントを作成する前に、プロダクトのブランディング情報を設定する必要があります。詳細

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. [OAuth クライアント] で [OAuth 同意画面を設定] をクリックします。
  3. プロダクトのブランディング情報を設定します。
  4. 完了したら、[OAuth ブランドを更新] をクリックします。セクションが更新され、ブランディング情報に関するメッセージは表示されなくなります。

Google Play Console から OAuth クライアントを作成するには:

  1. Google Play Console の [API アクセス] ページに移動します。
  2. [OAuth クライアント] で [新しい OAuth クライアントを作成] をクリックします。
  3. ページに表示される手順に沿って、OAuth クライアントを作成します。
  4. Google Play Console で OAuth クライアントを作成したら、[完了] をクリックします。[API アクセス] ページの [OAuth クライアント] セクションが自動的に更新され、作成した OAuth クライアントが表示されます。

    新しい OAuth クライアントがすぐにはページに表示されないこともあります。その場合は、[OAuth クライアントを更新] をクリックします。

新しい OAuth クライアントの詳細がページのリストに表示されます。

デベロッパー ID を取得する

一部の API では、Google Play Console デベロッパー ID を指定する必要があります。これは、Google Play デベロッパー アカウントの作成時に割り当てられた長い番号です。デベロッパー ID は、Google Play Console のほぼすべてのページ([API アクセス] ページなど)の URL で確認できます。

たとえば、次の Google Play Console の URL を見てみましょう。

https://play.google.com/console/developers/1234567890123456789/api-access

上記の URL の場合、デベロッパー ID は 1234567890123456789 です。

注: アプリを別の Google Play デベロッパー アカウントに移行すると、そのアプリに関連付けられているデベロッパー ID が変更されます。つまり、移行が完了した後は、そのアプリの API 呼び出しで新しい Google Play デベロッパー アカウントのデベロッパー ID を使用する必要があります。

専用 API

Google Play Developer API には、アプリの特殊な分析を行うための専用 API が含まれています。

Reply to Reviews API
アプリに対するユーザーのフィードバックを表示し、そのフィードバックに返信することを可能にします。
Voided Purchases API
ユーザーが取り消した購入に関連付けられているアプリ内アイテムへのアクセスを取り消すことを可能にします。

クライアント ライブラリ

Google は、プログラムで REST API にアクセスするために使用できるクライアント ライブラリを提供しています。詳細については、クライアント ライブラリとコードサンプルをご覧ください。