Play Developer Publishing API を使用して生成済み APK をダウンロードする

Google Play Console にアップロードされた App Bundle から Google Play が生成したすべての APK は、Google Play Developer API「生成済み APK」機能を使用してダウンロードできます。

生成済み APK の使用方法

生成済み APK をトラックにリリースする前にダウンロードする手順を含む一般的な公開ワークフローは次のとおりです。

  1. Edits: Insert を呼び出して変更対象のアプリを指定することにより、新しい編集を作成します。
  2. Edits.bundles: upload を呼び出して、App Bundle をアップロードします。
  3. Edits.tracks: update を呼び出して、App Bundle をトラックに割り当てます。この段階で新しいバージョンがエンドユーザーにリリースされないようにするには、新しいリリースのステータスを「未公開」に設定します。
  4. 編集を commit します。
  5. API の生成済み APK メソッドを使用して、ステップ 2 でアップロードした App Bundle から生成された APK をダウンロードします。
  6. ダウンロードした APK を処理します。
  7. ステップ 1 と同じ手順で新しい編集を作成します。
  8. Edits.tracks: update を呼び出して、未公開のリリースのステータスを「段階的な公開」または「完全公開」に進めます。
  9. 編集を commit します。

ヒント: 未公開のリリースを commit したくない場合は、生成済み APK をダウンロードする前に、アプリの新しいバージョンを内部テストトラックにリリースできます。