Google Play Developer API

Google Play Developer API を使用して、さまざまな公開タスクとアプリ管理タスクを実行できます。この API には、次の 2 つのコンポーネントが含まれています。

  • Subscriptions and In-App Purchases API を使用すると、アプリ内購入と定期購入を管理できます。
  • Publishing API を使用すると、アプリのアップロード、公開、およびその他の公開関連のタスクを実行できます。

定期購入とアプリ内購入

Google Play Developer API を使用して以下を管理できます。

これらのリソースを使用して、購入ステータスの確認と、定期購入の変更、解約を行えます。

Android アプリで定期購入を販売する方法について詳しくは、Android デベロッパー サイトの Google Play アプリ内課金についての説明をご覧ください。

Publishing API

Google Play Developer Publishing API を使用して、アプリの作成と配信に伴って頻繁に発生するタスクを自動化できます。この API は、デベロッパーが Play Console で利用できる機能と同様の以下のような機能を提供します。

  • アプリの新しいバージョンをアップロードする
  • APK をさまざまなトラック(アルファ版、ベータ版、段階的な公開、製品版)に割り当ててアプリをリリースする
  • Google Play ストアの掲載情報(ローカライズしたテキストとグラフィック、多様なデバイスのスクリーンショットを含む)を作成および変更する

こうしたタスクは、トランザクション方式で変更を加える新しい編集機能を使用して実行します。つまり、複数の変更を 1 つの編集の下書きにまとめて、一度に変更を commit します(編集を commit しない限り、変更は有効になりません)。

スタートガイド

Google Play Developer API の使用を開始するには、スタートガイドのページをご覧ください。

Publishing API の操作の管理に使用できる Java ライブラリと Python ライブラリが用意されています。クライアント ライブラリとコードサンプルのページでは、コードサンプルを提供しています。他の言語を使用している場合は、HTTP を介して REST API に直接アクセスできます。

Google Play Developer API の使用に関して問題が発生した場合は、こちらまでお問い合わせください

その他の API

Google Play Games Services Publishing API を使用して、ゲームサービスの作成と配信に伴って頻繁に発生するタスクを自動化できます。

Google Play Developer API の以前のバージョンに関するリファレンス ドキュメントは、archive/v1archive/v1_1archive/v2 の各ディレクトリで参照できます。