Multi-Channel Funnels Reporting API について - 概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Google アナリティクス Multi-Channel Funnels Reporting API の概要を説明します。API の詳細については、API リファレンスをご覧ください。

はじめに

Multi-Channel Funnels Reporting API では、認証されたユーザーのマルチチャネル データをリクエストすることができます。データは、コンバージョン経路データから派生します。このデータでは、コンバージョン前に、複数のセッションでのさまざまなトラフィックとのユーザーの接点が示されます。これにより、複数のマーケティング チャネルが時間の経過とともにコンバージョンにどう影響するかを分析することができます。利用可能なデータの詳細については、マルチチャネルについてマルチチャネル データについてをご覧ください。

Multi-Channel Funnels Reporting API を使用すると、次のことを実行できます。

  • マルチチャネル データを使用したカスタム レポートを作成。たとえば、コンバージョン経路のデータを使って、コンバージョン経路での接点の相対的位置などの属性に関するレポートを作成できます。
  • マルチチャネル データと自身のビジネスデータを統合。たとえば、オンラインのコンバージョン データをオフラインの売上データやメディア費用データと関連付けることで、マーケティングの投資収益率の全体像をより的確に把握できます。
  • 新しい環境でマルチチャネル データを表示。たとえば、コンバージョンを促す際に、さまざまなマーケティング チャネルの価値を伝えるデータのビジュアル表示やその他のプレゼンテーションを作成できます。

コンセプトの概要

Multi-Channel Funnels Reporting API の基本的な概念を以下に紹介します。

  • レポートとユーザーやビュー(旧プロファイル)との関係
  • レポートの構成とクエリの作成方法
  • コンバージョン経路データとアトリビューションの概念
  • API レスポンスの処理

レポート、ユーザー、ビュー(旧プロファイル)

ユーザーのレポートデータをリクエストするために、アプリケーションは、ユーザーを識別し、データ取得のビューを指定する必要があります。ユーザーを識別するには、認証情報を取得して各 API リクエストに渡します。ビューは、ビュー ID によって識別されます。他のエンティティに加え、ビューは Google アナリティクスを構成する階層の一部です。アプリケーションは、Management API を使ってこの階層を走査してビュー ID を取得します。

ディメンションと指標のクエリ

ディメンションと指標によって構成されるレポートデータについて、Google アナリティクス API にクエリすることができます。指標とは、コンバージョン数や値など、ユーザー行動の個々の測定値のことです。ディメンションは、指標をいくつかの一般的な条件を基に分類し、コンバージョン経路上の各接点イベントを表す初期値か、コンバージョン経路全体の接点イベントすべてを表すシーケンスのどちらかになります。

API を通じて公開されるすべてのディメンションと指標については、ディメンションと指標のリファレンス ガイドをご覧ください。また、API クエリでディメンションと指標を指定する方法については、Multi-Channel Funnels Reporting API リファレンス ガイドをご確認ください。

コンバージョン経路データとアトリビューションの概念

マルチチャネル レポートは、コンバージョン経路に基づいて生成されます。コンバージョン経路とは、コンバージョンやトランザクションに至るまでの一連の接点(チャネルからのクリックや参照)です。コンバージョン経路は、同じブラウザやコンピュータの接点を記録する Google アナリティクスの Cookie を介して収集されます。マルチチャネル データでは、Google アナリティクスのコンバージョン データと、Cookie で取得された接点のシーケンスが組み合わされます。

マルチチャネル レポートのクエリを実行すると、100 万件のコンバージョン経路のサンプルセットに基づいてデータが返されます。期間に含まれているコンバージョンの合計数が 100 万件以下の場合、レポートはサンプリングされません。それ以外の場合は、100 万件のサンプルセットを基に結果が生成されます。この機能は、セッションに基づいてサンプリングを行う Core Reporting API の機能とは対照的です。データと関連する概念の詳細については、マルチチャネル データについてをご覧ください。また、チャネル貢献度の分析に関する記事もご覧ください。この記事では、アシスト コンバージョンなどの核となる概念が定義されています。

レポートの処理

API から返されるデータは、ヘッダーと一連の行から成る表とみなすことができます。各 API レスポンスは、それぞれの列の名前とデータタイプを示すヘッダーから構成されます。また、レスポンスには一連の行が格納され、各行の一連のセルに、ヘッダーと同じ順序でデータが格納されています。API レスポンスの詳細については、Multi-Channel Funnels Reporting API リファレンス ガイドをご覧ください。

各セルの値には、文字列型の初期値かコンバージョン経路の値が含まれています。このコンバージョン経路の値は、その経路のすべてのノードを表すオブジェクトの配列です。列ヘッダーのタイプ情報を使って、各セルの値を適切なタイプに照らし合わせて解析することができます。詳細についてはこちらをご覧ください。

割り当てポリシー

マルチチャネル データのクエリでは、数百万という操作が処理されます。そこで、送信データがシステムで処理できる操作の量を超えてしまわないようにするためにも、またシステム リソースを公平に配分するためにも、割り当てシステムが必要になります。詳細については、制限と割り当てガイドをご覧ください。

次のステップ

API の仕組みを理解したところで、作業を開始するために次の一連の資料もご覧ください。