Core Reporting API の概要 -

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Google アナリティクス Core Reporting API バージョン 3.0 の概要を説明します。API の詳細なリファレンスについては、リファレンス ガイドをご覧ください。

はじめに

Google アナリティクスのほとんどのレポートデータには、Google アナリティクスの Core Reporting API を使ってアクセスできます。Core Reporting API によって次を実行できます。

  • Google アナリティクスのデータを表示するカスタマイズされたマイレポートを作成する。
  • 複雑なレポート処理を自動化して時間を節約する。
  • Google アナリティクスのデータを他のビジネス アプリケーションと統合する。

バージョンの選択

先日、新バージョンの Core Reporting API が発表されました。

  • 新規アプリケーションの構築– 最新バージョン 3.0 を使用することをおすすめします。
  • 以前のバージョン 2.3 をお使いの場合は、– 新しいバージョンを使用するようにアプリを更新する方法については、移行ガイドをご覧ください。

スタートガイド

今すぐ利用を開始する場合は、アナリティクス API についてのチュートリアルをご覧ください。

API を使用する各アプリケーションは、いくつかのステップを経て登録、ユーザーの承認、API の操作を行う必要があります。このチュートリアルでは、各ステップを順に説明します。最終的には、カスタマイズ可能なアプリケーションを作成できます。

コンセプトの概要

Core Reporting API は、Google アナリティクスのトラッキング コードによって収集されたデータを基に各種の統計情報から成るレポートデータを返します。各レポートは、ディメンションと指標として整理されています。 カスタム レポートを作成するには、Core Reporting API を使用して、ディメンションと指標をクエリします。

Core Reporting API は、次の 3 つの基本概念の上に成り立っています。

  1. レポートとユーザーやビュー(旧プロファイル)との関係
  2. レポートの構成とクエリの作成方法
  3. API レスポンスの処理

レポート、ユーザー、ビュー(旧プロファイル)

ユーザーのレポートデータをリクエストするには、アプリケーションでユーザーを識別し、データを取得するビュー(プロファイル)を指定する必要があります。ユーザーは、認証情報を取得し、各 API リクエストに渡すことで特定されます。ビュー(プロファイル)は Google アナリティクスの設定階層の一部で、ビュー(プロファイル)ID によって識別されます。

ビュー ID を確認するには、いくつかの方法があります。

  • アプリケーションから Management API を使用して Management 構成階層を走査し、ビュー ID を取得する。
  • Google アナリティクスの各レポートの URL。
  • Google アナリティクスで、メニューバーの [管理] をクリックします。ビューが属しているアカウントとプロパティ を選択する。[ビュー] 列で [ビュー設定] をクリックしてビュー ID を取得します。

ディメンションと指標のクエリ

API を使用して Google アナリティクスのレポートデータをクエリする場合、そのディメンションと指標は、ディメンションと指標で構成されます。 指標とは、セッションやページビューなど、プロパティにおけるユーザー アクションの個々の測定値です。ディメンションは、国やブラウザなどのいくつかの一般的な基準で指標を分類します。 クエリを作成するときに、レポートデータに含めるディメンションと指標を指定します。

インタラクティブなディメンションと指標のリファレンス リファレンス ガイドを使用して、API で公開されるすべてのディメンションと指標を確認します。API クエリでディメンションと指標を指定する方法については、Core Reporting API リファレンス ガイドもご覧ください。

レポートの処理

API から返されるデータは、ヘッダーと一連の行から成る表とみなすことができます。各 API レスポンスは、それぞれの列の名前とデータタイプを示すヘッダーによって構成されます。また、レスポンスには一連の行が格納され、各行の一連のセルに、ヘッダーと同じ順序でデータが格納されています。個々のセルに格納されているデータタイプは、ヘッダーの情報を基に判断することができます。

API レスポンスの詳細については、Core Reporting API リファレンス ガイドをご覧ください。

トップへ戻る

割り当てとサポート終了に関するポリシー

Google アナリティクスの API では、何百万という操作が処理されます。そこで、送信データがシステムで処理できる操作の量を超えてしまわないようにするためにも、またシステム リソースを公平に配分するためにも、割り当てシステムが必要になります。具体的な制限については、制限と割り当てのガイドをご覧ください。

Core Reporting API の列(ディメンションと指標)に対する変更について、詳しくはデータのサポート終了に関するポリシーをご覧ください。Metadata API を使用して、非推奨になった列を確認する方法については、Metadata API デベロッパー ガイドをご覧ください。

次のステップ

API の仕組みを理解したところで、作業を開始するために次の一連の資料もご覧ください。

  • API の使用については、デベロッパー ガイドをご覧ください。
  • 対話形式の Query Explorer ツールを使用して、API クエリを視覚的に作成し、レスポンスを確認します。
  • 一般的なクエリの記事をご覧ください。Core Reporting API のクエリの中でも特に一般的なものを紹介しています。
  • API で利用できるデータの一覧については、ディメンションと指標のリファレンスをご覧ください。
  • この API で使用できるクライアント ライブラリの一覧は、ライブラリとサンプルのページをご覧ください。

トップへ戻る