Custom Dimensions: insert

認証が必要です

新しいカスタム ディメンションを作成します。 今すぐ試すまたは例を見る

リクエスト

HTTP リクエスト

POST https://www.googleapis.com/analytics/v3/management/accounts/accountId/webproperties/webPropertyId/customDimensions

パラメータ

パラメータ名 説明
パスパラメータ
accountId string 作成するカスタム ディメンションのアカウント ID。
webPropertyId string 作成するカスタム ディメンションのウェブ プロパティ ID。

承認

このリクエストは、次のスコープでの承認が必要です(認証と承認の詳細をご確認ください)。

スコープ
https://www.googleapis.com/auth/analytics.edit

リクエスト本文

リクエスト本文に management.customDimension リソースを含めます。

レスポンス

成功した場合、このメソッドから、management.customDimension リソースを含むレスポンス本文が返されます。

注: このメソッドで使用可能なコード例では、サポートされているプログラミング言語すべての例を示しているわけではありません(サポートされている言語の一覧については、クライアント ライブラリ ページをご覧ください)。

Java

Java クライアント ライブラリを使用します。

/*
 * Note: This code assumes you have an authorized Analytics service object.
 */

/*
 * This request creates a new custom dimension.
 */

// Construct the body of the request and set its properties.
CustomDimension body = new CustomDimension();
body.setName("Campaign Group");
body.setScope("SESSION");
body.setActive(true);

try {
  analytics.management().customDimensions()
      .insert("123456", "UA-123456-1", body).execute();
} catch (GoogleJsonResponseException e) {
  System.err.println("There was a service error: "
      + e.getDetails().getCode() + " : "
      + e.getDetails().getMessage());
}

Python

Python クライアント ライブラリを使用します。

# Note: This code assumes you have an authorized Analytics service object.

# This request creates a new custom dimension.
try:
  analytics.management().customDimensions().insert(
      accountId='123456',
      webPropertyId='UA-123456-1',
      body={
          'name': 'Campaign Group',
          'scope': 'SESSION',
          'active': True
      }
  ).execute()

except TypeError, error:
  # Handle errors in constructing a query.
  print 'There was an error in constructing your query : %s' % error

except HttpError, error:
  # Handle API errors.
  print ('There was an API error : %s : %s' %
         (error.resp.status, error.resp.reason))

試してみよう:

以下の API Explorer を使用して、ライブデータに対してこのメソッドを呼び出し、レスポンスを確認してください。 または、スタンドアロンの Explorer をお試しください。