Microsoft Silverlight 向け Google アナリティクス トラッキング

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Microsoft Silverlight 向け Google アナリティクスは、Microsoft Silverlight Analytics Framework に統合されています。このフレームワークを使用すると、Microsoft Silverlight コンテンツ内のユーザー アクティビティを簡単にトラッキングできます。

機能サポート

Microsoft Silverlight 向け Google アナリティクス コンポーネントは、Silverlight コンテンツのトラッキングに関する技術的障壁を迂回します。このコンポーネントを使用すると、コンテンツのカテゴリ名を簡単にドラッグ&ドロップして定義できます。技術的な統合はすべて内部で行われます。

この統合は Google Anaytics の次の 3 つの主要トラッキング機能をサポートしています。

イベント トラッキング

イベント トラッキングにより、デベロッパーはコンテンツに対するユーザー インタラクションをトラッキングできます。主なイベント トラッキング ガイドをご覧ください。

Silverlight フレームワーク内では、次のことを行えます。

  • Category フィールドは、TrackAction の動作の Category フィールドに対応します。
  • Action フィールドは、TrackAction の動作に関連付けられたトリガーの EventName に対応します。
  • Label フィールドは、TrackAction 親オブジェクトの名前に対応します。
  • Value フィールドは、TrackAction の動作の値フィールドに対応しています。

ページビューのトラッキング

標準の JavaScript トラッキングでは、 _trackPageview() メソッドにパラメータを渡すことで、Google アナリティクスによってトラッキングされるページのデフォルト値を上書きできます。こうすると、上位のコンテンツのレポートと上位のディレクトリのレポートに表示された値を上書きできます。

Silverlight フレームワーク内でページビュー データが Silverlight Frames に統合されている。フレームを読み込んだときにフレーム名が URL として送信され、Google Analytics に "page" として記録されます。

カスタム変数

Google アナリティクスのカスタム変数を使用すると、イベントやページビューに情報を追加できます。カスタム変数に関するドキュメントをご覧ください。

Silverlight フレームワークでカスタム変数を使用する場合、次のようになります。

  • フレームワーク固有の動作に追加されたカスタム プロパティは、Page スコープにマッピングされます。
  • Google アナリティクス オブジェクトに追加されたカスタム プロパティ(レイアウト ルートに追加)は、Session スコープにマッピングされます。
  • フレームワークによって提供される ABTesting オブジェクトに追加されたカスタム プロパティは、User スコープにマッピングされます。