ユニバーサル アナリティクス(UA)は 2023 年 7 月 1 日にサポート終了となります。この日以降、UA でデータを処理することはできません。また、アナリティクス 360 プロパティも 2023 年 10 月 1 日にサービス提供が終了します。Google アナリティクス 4 に移行します。

サイトに gtag.js を追加する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google タグ(gtag.js)は、Google アナリティクス、Google 広告、Google マーケティング プラットフォームにイベントデータを送信できる、JavaScript のタグ設定フレームワークおよび API です。このページでは、gtag.js を使ってサイトを Google アナリティクスでの測定向けに設定する方法を説明します。gtag.js についての一般的な(各サービスに関する情報に限らない)ドキュメントをお探しの場合は、gtag.js デベロッパー ガイドをご参照ください。

Google タグをインストールする

Google タグをインストールするには、次のコードをコピーして、サイトの全ページで <head> タグの直後に貼り付けます。GA_TRACKING_ID は、データの送信先にする Google アナリティクス プロパティの ID に置き換えます。各ページに必要なスニペットは 1 つだけです。

<!-- Google tag (gtag.js) -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){window.dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
</script>

このコードは、gtag.js ライブラリを読み込み、GA_TRACKING_ID をデフォルトの Google アナリティクス プロパティ ID に設定し、Google アナリティクスにページビュー ヒットを送信します。

ページビュー測定を無効化する

このコードのデフォルトの動作は、Google アナリティクスにページビュー ヒットを送信することです。ほとんどの場合はこの動作で問題ありません。サイトの各ページにコードを追加すれば、以降は自動的にページビューが測定されます。なんらかの理由で、Google アナリティクスにページビュー ヒットが送信されないようにしたい場合は、send_page_view パラメータを false に設定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', { 'send_page_view': false });

追加の Google アナリティクス プロパティを設定する

デフォルト状態では、このコードで設定される Google アナリティクス プロパティは 1 つだけです。Google アナリティクス プロパティをもうひとつ設定する場合は、次のように config コマンドを追加します(GA_TRACKING_ID_2 は追加するプロパティのトラッキング ID)。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');