動的リマーケティングのパラメータ

gtag.js には柔軟なデータモデルが採用されており、event コマンドを呼び出す際、標準データ パラメータとカスタムデータ パラメータの両方を指定できます。

ユーザーリストのメンバールールを決定するときも、標準パラメータとカスタム パラメータを使用できます。さらに、AdWords で標準パラメータを使用すれば、ユーザーがお客様のウェブサイトを訪れたときに関心を示した商品やサービスによって、表示する広告を動的にカスタマイズできます。入札単価の最適化に役立つ重要なシグナルも得られます。

イベントデータ オブジェクトの一部としてパラメータを渡す方法については、こちらのドキュメントをご覧ください。

このドキュメントでは、以下の各分野のウェブサイトを対象とする標準パラメータについて説明します。

小売

以下のパラメータは、Google Merchant Center(GMC)フィードを使用し、衣料品、電化製品、食料品などをウェブサイトで販売している一般的なオンライン ショップが対象となります。

パラメータ 説明
ecomm_prodid 必須。現在のページに表示されている商品の商品 ID です。この ID は、GMC フィードの ID と一致している必要があります。

ecomm_pagetypeproduct または cart のとき、このパラメータが渡されます。product ページの場合、通常、表示される商品は 1 つだけなので、1 つのリテラル値が渡されます。ページタイプが cart で、複数の商品が表示されている(ユーザーが複数の商品をカートに追加した)場合は、値の配列が渡されます。

数値または英数字を指定できます(例: 34592212'23423-131-12''gp232123-19a')。商品 ID が数値以外の場合は文字列として扱う必要があるため、引用符で囲んでください。

使用例(単一の商品のページ):

gtag('event', event_name, {
  ecomm_prodid: 34592212
});
使用例(複数の商品が追加されたカートページ):

gtag('event', event_name, {
  ecomm_prodid: [34592212, '23423-131-12', 'gp232123-19a']
});
ecomm_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • category 特定のカテゴリに属する複数のアイテムが一覧表示されるページ(ランニング用のすべてのシューズが表示されるページなど)。
  • product 個々の商品ページ。
  • cart カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • purchase ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  ecomm_pagetype: 'searchresults'
});
ecomm_totalvalue このパラメータは productcartpurchase の各ページで使用します。product ページの場合、このパラメータには 1 つの商品の金額が格納されます。cart ページと purchase ページでは、1 つ以上の商品の合計金額が格納されます。この値は javascript Number として渡す必要があります。通貨記号を含めないでください。

使用例(product ページ - 商品の金額が 9.99 ドル):

gtag('event', event_name, {
  ecomm_totalvalue: 9.99
});
使用例(cart ページまたは purchase ページ - ユーザーのカートに 3 つの商品が追加されており、それぞれの金額が 29.99 ドル、50.00 ドル、9.99 ドル)

gtag('event', event_name, {
  ecomm_totalvalue: 89.98
});
必要に応じて小数値を使用します。整数値を渡す場合、小数部分は無視されます。

使用例(合計 110.00 ドルの商品が追加されている買い物かご):

gtag('event', event_name, {
  ecomm_totalvalue: 110
});
ecomm_category このパラメータには、現在表示されている product ページまたは category ページのカテゴリを表す文字列を指定します。この文字列は特定の命名規則に従う必要がなく、どのような値でも構いません。

使用例(「家庭と園芸」カテゴリの商品):

gtag('event', event_name, {
  ecomm_category: 'Home & Garden'
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

1 つの商品が表示されるページの最終的なタグは次のようになります。ここでは、カスタム パラメータ isSaleItem を使用して、この商品がセール中かどうかを示しています。

gtag('event', 'page_view', {
  ecomm_pagetype: 'product',
  ecomm_prodid: 34592212,
  ecomm_totalvalue: 29.99,
  ecomm_category: 'Home & Garden',
  isSaleItem: false
});

次の例は、カートページのカスタム パラメータです。

gtag('event', 'page_view', {
  ecomm_pagetype: 'cart',
  ecomm_prodid: [34592212, '23423-131-12'],
  ecomm_totalvalue: 57.98,
});

ホテル(Hotel Price Ads フィードを使用)

以下のパラメータは、Hotel Price Ads(HPA)フィードを使用してホテルの客室を販売している旅行サイトが対象となります。HPA フィードは AdWords ビジネスデータ共有ライブラリには用意されていません。AdWords ビジネスデータ共有ライブラリでフィードを設定している場合、HPA を使用していないことを意味しますので、「ホテルと賃貸物件」のパラメータを使用してください。

<tr>
  <td><code>hotel_checkindate</code></td>
  <td>The date when the booking is to begin from. Note that this should be in the YYYY-MM-DD
    format.<br><br>Example usage:
    <pre class="prettyprint">gtag('event', event_name, {

hotel_checkindate: '2014-04-20' });

パラメータ 説明
hotel_hotelid 必須。現在、ユーザーが property ページに表示しているホテルの ID です。この ID (数値または英数字)は、HPA フィードの hotel_hotelid 値と一致している必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  hotel_hotelid: 'gb197'
});
hotel_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • property ホテルやその他の物件の詳細が表示されるページ。
  • cart カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • purchase ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • cancel ユーザーが予約をキャンセルしたページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  hotel_pagetype: 'property'
});
hotel_checkoutdate 予約が終了する日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  hotel_checkoutdate: '2014-04-21'
});
hotel_totalvalue このパラメータは cart ページと purchase ページで使用し、ユーザーのカートに追加されているすべての宿泊予約の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(宿泊予約の合計金額が 150 ドル):

gtag('event', event_name, {
  hotel_pagetpe: 'purchase',
  hotel_hotelid: 'gb197',
  hotel_totalvalue: 150
});

使用例(宿泊予約の合計金額が 150 ドル):

gtag('event', 'page_view', {
  hotel_pagetpe: 'purchase',
  hotel_hotelid: 'gb197',
  hotel_totalvalue: 150
});

教育

以下のパラメータは、適切なフィードを使用し、トレーニング コースをオンライン販売しているウェブサイト(教育機関や生涯学習センターなど)が対象となります。教育フィードの設定方法についてご不明な点がある場合は、Google のアカウント担当者にお問い合わせください。

パラメータ 説明
edu_pid 必須。現在、ユーザーが program ページまたは lead ページに表示しているプログラムの ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの Education Program 値と一致している必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  edu_pid: 'cs101'
});
edu_plocid 現在、ユーザーが program ページまたは lead ページに表示しているプログラムの場所を表す ID です。この ID(数値または英数字)は、お客様のフィードの Location ID 値と一致している必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  edu_plocid: 'london_campus'
});
edu_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • program 個々のコースまたはプログラムの詳細が表示されるページ。
  • lead 見込み顧客の発掘に役立つページ。ユーザーが関心のあるプログラムを選択するページや、詳細情報をリクエストできるページなど。
  • complete ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  edu_pagetype: 'program'
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

以下は、特定のプログラムのページで使用する最終的なタグの例です。

gtag('event', 'page_view', {
  edu_pagetype: 'program',
  edu_pid: 'cs101',
  edu_plocid: 'london_campus'
});

航空券

以下のパラメータは、適切なフィードを使用して航空券を販売している旅行ウェブサイトが対象となります。航空券フィードの設定方法については、Google のアカウント担当者にお問い合わせください。

パラメータ 説明
flight_originid searchresultscartpurchase の各ページに表示されている利用便の出発地です。この ID は、お客様のフィードと一致している必要があります。数値または英数字を指定できますが、3 文字の空港コードを使用することをおすすめします。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  flight_originid: 'LHR'
});
flight_destid 必須。searchresultscartpurchase の各ページに表示されている利用便の到着地です。この ID は、お客様のフィードと一致している必要があります。数値または英数字を指定できますが、3 文字の空港コードを使用することをおすすめします。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  flight_destid: 'LGA'
});
flight_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 航空券の詳細が表示されるページ。
  • cart カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • purchase ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • cancel ユーザーが予約をキャンセルしたページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  flight_pagetype: 'cart'
});
flight_totalvalue このパラメータは cart ページと purchase ページで使用し、航空券の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(予約した航空券の合計金額が 150 ドル):

gtag('event', event_name, {
  flight_totalvalue: 150
});
flight_startdate 航空便の出発日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  flight_startdate: '2014-04-20'
});
flight_enddate 航空便の帰着日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  flight_enddate: '2014-04-21'
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

たとえば、ロンドン(LHR)からニューヨーク(LGA)までの航空券がカートに追加された場合、カートページの最終的なタグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  flight_originid: 'LHR',
  flight_destid: 'LGA',
  flight_startdate: '2014-04-20',
  flight_enddate: '2014-04-21',
  flight_pagetype: 'cart',
  flight_totalvalue: 679.34
});

ホテルと賃貸物件

以下のパラメータは、AdWords ビジネスデータ共有ライブラリで設定したフィードを使用し、ホテルの客室と賃貸物件を販売している旅行サイトが対象となります。ホテルフィードが AdWords ビジネスデータ共有ライブラリで設定されていない場合、お客様は Hotel Price Ads フィードを使用している可能性があります。その場合は「ホテル(Hotel Price Ads を使用)」に記載されているパラメータを使用してください。

<tr>
  <td><code>hrental_startdate</code></td>
  <td>The date when the booking is to begin from. Note that this should be in the YYYY-MM-DD
    format.<br><br>Example usage:
    <pre class="prettyprint">gtag('event', event_name, {

hrental_startdate: '2014-04-20' });

パラメータ 説明
hrental_id 必須。現在、ユーザーが property ページに表示しているホテルまたは賃貸物件の ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの hrental_id 値と一致している必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  hrental_id: 'h213146'
});
hrental_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail ホテルやその他の物件の詳細が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  hrental_pagetype: 'offerdetail'
});
hrental_enddate 予約が終了する日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  hrental_enddate: '2014-04-21'
});
hrental_totalvalue このパラメータは conversionintent ページと conversion ページで使用し、ユーザーのカートに追加されているすべての宿泊予約の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(予約の合計金額が 650 ドル):

gtag('event', event_name, {
  hrental_pagetpe: 'conversion',
  hrental_id: 'h213146',
  hrental_totalvalue: 650
});

使用例(予約の合計金額が 650 ドル):

gtag('event', 'page_view', {
  hrental_pagetpe: 'conversion',
  hrental_id: 'h213146',
  hrental_totalvalue: 650
});

求人

以下パラメータは、適切なフィードを使用している求人サイトが対象となります。

パラメータ 説明
job_id 必須。searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページに表示されている求人の ID。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。 使用例(求人 ID を 1 つだけ指定 - offerdetail ページなど):

gtag('event', event_name, {
  job_id: 'GOOGUK2341'
});
使用例(複数の求人 ID を指定 - searchresults ページなど):

gtag('event', event_name, {
  job_id: ['GOOGUK2341', 'GOOGUK12331', 'GOOGUK-L12']
});
job_locid 場所の ID または名前。複数の job_id で同じ値が使用されているフィードでは、このパラメータが 2 番目の照合キーとして使用されます。このパラメータは、searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページで使用します。使用例:

gtag('event', event_name, {
  job_locid: 'UK-LON'
});
job_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 1 件の求人の詳細が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーがコンバージョンを達成したとき(ユーザーが求人に応募した場合など)に表示されるページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  job_pagetype: 'searchresults'
});
job_totalvalue このパラメータは conversionintent ページと conversion ページで使用し、ユーザーが選択した求人情報の合計額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(求人の合計額が 50 ドル):

gtag('event', event_name, {
  job_totalvalue: 50
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。カスタム パラメータを指定する場合、個人情報(求職者の特徴など)は使用できませんのでご注意ください。

たとえば、1 件の求人情報の最終的なタグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  job_id: 'GOOGUK2341',
  job_locid: 'UK-LON'
  job_pagetype: 'offerdetail'
});

地域限定の商品やサービス

以下のパラメータは、適切なフィードを使用し、地域限定の商品やサービスを提供しているウェブサイトが対象となります。

パラメータ 説明
local_id 必須。searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページに表示されている商品やサービスの ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  local_id: 'SPA6231'
});
local_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 商品やサービスの詳細が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  local_pagetype: 'conversionintent'
});
local_totalvalue このパラメータは conversionintent ページと conversion ページで使用し、ユーザーが購入した商品やサービスの合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(購入金額の合計が 50 ドル):

gtag('event', event_name, {
  local_totalvalue: 50
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

たとえば、商品のプロパティ ID が SPA6231 で、価格が 50 ドルの場合、最終的なタグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  local_id: 'SPA6231',
  local_pagetype: 'offerdetail'
});

不動産

以下パラメータは、適切なフィードを使用している不動産サイトが対象となります。

パラメータ 説明
listing_id 必須。searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページに表示されている不動産物件の ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  listing_id: 'NYBRKLN123A'
});
listing_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 不動産物件の詳細が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーがコンバージョンを達成したとき(物件の見学を予約した場合など)に表示されるページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  listing_pagetype: 'conversionintent'
});
listing_totalvalue このパラメータは conversionintent ページと conversion ページで使用し、物件の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(表示されている物件の価格が 1,000,000.00 ドル):

gtag('event', event_name, {
  listing_totalvalue: 1000000
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

たとえば、物件の ID が NYBRKLN123A で、価格が 1,000,000.00 ドルの場合、タグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  listing_id: 'NYBRKLN123A',
  listing_pagetype: 'offerdetail',
  listing_totalvalue: 1000000
});

旅行

以下のパラメータは、適切なフィードを使用している旅行サイトが対象となります。

パラメータ 説明
travel_destid 必須。searchresultsconversionintentconversion の各ページに表示されている旅行先の ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  travel_destid: 'LON123A'
});
travel_originid 省略可能なこのパラメータは、searchresultsconversionintentconversion の各ページに表示されている出発地の ID です。数値または英数字を指定できます。travel_destid と travel_originid の組み合わせは、アカウントのすべてのフィードで一意である必要があります。

この値は、フィードでの 2 番目の照合キーとして使用されます。特定の命名規則に従う必要はありませんが、3 文字の空港コードまたは 2 文字の国コードの使用をおすすめします。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  travel_originid: 'LGW'
});
travel_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 旅行サービスの詳細が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • cancel ユーザーが予約をキャンセルしたページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  travel_pagetype: 'conversionintent'
});
travel_startdate 旅行の開始日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  travel_startdate: '2014-04-20'
});
travel_enddate 旅行の終了日。YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

使用例:

gtag('event', event_name, {
  travel_enddate: '2014-04-21'
});
travel_totalvalue このパラメータは conversionintent ページと conversion ページで使用し、旅行の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(旅行の予約の合計金額が 549.99 ドル):

gtag('event', event_name, {
  travel_totalvalue: 549.99
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

たとえば、旅行の出発地がニューヨークで、旅行先 ID が LON123A の場合、最終的なタグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  travel_originid: 'LGA',
  travel_destid: 'LON123A',
  travel_startdate: '2014-04-20',
  travel_enddate: '2014-04-21',
  travel_pagetype: 'conversionintent',
  travel_totalvalue: 549.99
});

その他

お客様のウェブサイトが上記のどの分野にもあてはまらない場合、動的リマーケティングに必要な情報を収集するには、以下のパラメータを使用します。これらのサイトでは、カスタム フィード テンプレートを使用して汎用フィードを作成できます。

パラメータ 説明
dynx_itemid 必須。searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページに表示されている商品の ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  dynx_itemid: 'CORS9'
});
dynx_itemid2 省略可能なこのパラメータは、searchresultsofferdetailconversionintentconversion の各ページに表示されている商品のサブ ID です。この ID(数値または英数字)は、お使いのフィードの値と一致している必要があります。

この値は、フィードの 2 番目の照合キーとして使用されます。dynx_itemiddynx_itemid2 の組み合わせは、アカウントのすべてのフィードで一意である必要があります。 使用例:

gtag('event', event_name, {
  dynx_itemid2: '28'
});
dynx_pagetype タグが挿入されているページの種類。有効な値は次のとおりです。
  • home お客様のサイトのホームページまたはランディング ページ。
  • searchresults ユーザーの検索の結果が表示されるページ。
  • offerdetail 特定の商品の詳細情報が表示されるページ。
  • conversionintent カート、買い物かご、または購入手続きのページ。
  • conversion ユーザーが購入(コンバージョン)に至ったときに表示されるページ。「ありがとうございます」ページ、「ご注文内容の確認」ページなど。
  • cancel ユーザーが予約をキャンセルしたページ。
  • other 上記のいずれにも該当しないページ。「お問い合わせ」ページ、「会社情報」ページなど。
使用例:

gtag('event', event_name, {
  dynx_pagetype: 'conversionintent'
});
dynx_totalvalue このパラメータは conversionintent ページで使用し、ユーザーが購入した商品の合計金額を表します。通貨記号は含めないでください。

使用例(ユーザーが 30 ドルの商品を購入):

gtag('event', event_name, {
  dynx_totalvalue: 30
});

これらすべてのパラメータは、必要に応じて組み合わせることができます。また、お客様のビジネスに役立つ他のカスタム パラメータとの組み合わせも可能です。

たとえば、ユーザーが 2 つの商品を購入した場合、カートページの最終的なタグは次のようになります。

gtag('event', 'page_view', {
  dynx_itemid: ['CORS9', 'XSS7'],
  dynx_pagetype: 'conversionintent',
  dynx_totalvalue: 78.98
});