Chrome Dev Summit 2018 is happening now and streaming live on YouTube. Watch now.

ページの読み込み時に自動的に通知パーミッションをリクエストしない

監査が重要である理由

適切に通知する方法で説明しているとおり、適切な通知とはタイムリーで、関連性があり、正確な通知です。 ページの読み込み時にプッシュ通知のパーミッションを要求している場合、その通知はユーザーにとって関連性がなく、ユーザのニーズに合うものはない可能性があることに注意してください。 ユーザー エクスペリエンスを改善するには、まずはユーザーに対して特定のタイプの通知を表示することを提案し、ユーザーがオプトインした後でパーミッションをリクエストするようにします。

監査に合格する方法

Lighthouse のレポートでは、通知送信のパーミッションをリクエストしているコードの行と列の番号が URLs の下に表示されます。 これらの呼び出しを削除して、ユーザー操作への応答としてリクエストを行うようにします。

監査方法

このセクションでは Lighthouse による監査方法と監査スコアの算出方法を説明します。

Lighthouse で監査をする前に、すでに通知パーミッションが付与または拒否されている場合は、ページの読み込み時にプッシュ通知のパーミッションがリクエストされているかどうかを判別できません。 よって、パーミッションをリセットして、Lighthouse を再実行する必要があります。 詳細については、ウェブサイトの権限を変更するをご覧ください。

Lighthouse では、ページの読み込み時に実行された JavaScript の情報が収集されます。そのコードの中に notification.requestPermission() への呼び出しが含まれており、通知パーミッションがまだ付与されていなかった場合は、通知パーミッションがリクエストされています。