リソースの調査

リソースをフレーム、ドメイン、タイプなどの基準で整理します。

TL;DR

  • リソースをフレームで整理するには、[Application] パネルの [Frames] ペインを使用します。
  • [Sources] パネルで [group by folder] オプションを無効にしてリソースをフレームごとに表示することもできます。
  • リソースをドメインまたはフォルダごとに表示するには、[Sources] パネルを使用します。
  • リソースを名前または [Network] パネル内の他の基準でフィルタします。

フレームによるリソースの整理

ページのリソースをフレームで整理して表示するには、[Application] パネルの [Frames] ペインを使用します。

フレームの詳細

  • トップレベル(上記のスクリーンショットの top)は、メイン ドキュメントです。
  • その下にメイン ドキュメントのサブフレーム(上記のスクリーンショットの widget2 など)があります。 これらのサブフレームのいずれかを展開すると、そのフレームからのリソースが表示されます。
  • サブフレームの下には、メイン ドキュメントの画像、スクリプト、およびその他のリソースがあります。
  • 最後はメイン ドキュメント自体です。

リソースをクリックすると、そのプレビューが表示されます。

リソースを右クリックして、そのリソースを [Network] パネルに表示したり、新しいタブで開いたり、その URL をコピーしたり、保存したりできます。

リソースの表示

リソースは、[Sources] パネルにフレームごとに表示することもできます。そのためには、ナビゲータのオーバーフローメニューをクリックし、[Group by folder] オプションを無効にしてフォルダによるリソースのグループ化を止めます。

[Group by folder] オプション

リソースは、フレームごとにリストされます。

フォルダなし

ドメインとフォルダによるリソースの整理

ドメインとディレクトリごとに整理されたリソースを表示するには、[Sources] パネルを使用します。

[Sources] パネル

名前、タイプなどの基準によるリソースのフィルタ

リソースを名前、タイプなどのさまざまな基準でフィルタするには、[Network] パネルを使用します。 詳細については、次のガイドを参照してください。