Don't forget the Chrome Dev Summit, starting Monday at 10:00am (Pacific) and streaming live on YouTube. Schedule.

類似データ オブジェクトの比較

構造化データを表示してデータ オブジェクトを比較するには、table() メソッドを使用します。

table() メソッドを使用すると、類似データを含むオブジェクトや配列を簡単に表示できます。このメソッドを呼び出すと、オブジェクトのプロパティが取得され、ヘッダーが作成されます。その後、行データが各インデックスのプロパティ値から取得されます。

基本的な例:オブジェクト配列のログ出力

最も基本的な形では、同じプロパティを持つ一連のオブジェクトを含む配列が 1 つあれば、後は table() コマンドが処理します。

console.table([{a:1, b:2, c:3}, {a:"foo", b:false, c:undefined}]);
console.table([[1,2,3], [2,3,4]]);

出力結果は次のようになります。

コンソールでの表の表示

高度な例:特定のプロパティのログ出力

table() の 2 番目のパラメータを使用して、さらに高度なオブジェクトをログ出力することができます。次のように、表示するプロパティ文字列を含む配列を定義します。

function Person(firstName, lastName, age) {
  this.firstName = firstName;
  this.lastName = lastName;
  this.age = age;
}

var family = {};
family.mother = new Person("Susan", "Doyle", 32);
family.father = new Person("John", "Doyle", 33);
family.daughter = new Person("Lily", "Doyle", 5);
family.son = new Person("Mike", "Doyle", 8);

console.table(family, ["firstName", "lastName", "age"]);

出力結果は次のようになります。

表オブジェクトを含むコンソール出力