Chrome Dev Summit 2018 is happening now and streaming live on YouTube. Watch now.

WebVR のステータスと考慮事項

警告:WebVR はまだ試験運用版であり、仕様変更の可能性があります。

WebVR の実装ステータス

現在、WebVR API は次のブラウザで利用可能です。

  • Chrome ベータ版(M56+)(オリジン トライアルによって)
  • Firefox Nightly
  • Samsung Internet Browser for Gear VR(注: 現在、このブラウザは古いバージョンの WebVR 仕様をサポートしています)

ブラウザの実装ステータスの詳細については、chromestatus.com をご覧ください。

考慮事項

WebVR エクスペリエンスを構築するときの考慮事項を次に示します。

  • HTTPS を介して WebVR コンテンツを提供する必要があります。そうしない場合、ブラウザによってユーザーに警告が表示されます。
  • 現在、Chrome では Android 上のネイティブ WebVR のみをサポートしています。Daydream ヘッドセットと Pixel スマートフォンを使用する必要があります。
  • WebVR Polyfill は、仕様のネイティブ実装と完全に対応してるわけではありません。Polyfill を使用する予定がある場合は、VR 対応端末と非 VR 端末の両方でチェックする必要があります。
  • ユーザーが VR コントローラ ボタンをクリックしてからでないと、コードで利用できません。これをコードで明確にし、通常、VR エクスペリエンスの開始時にコントローラ ボタンを押すようユーザーに求めるメッセージを表示する必要があります。
  • ローカルで実行する場合は、Chrome 56 で Gamepad の姿勢情報を有効にする必要があります。Chrome 56 で Gamepad 拡張機能のランタイム フラグを有効にしていない限り、localhost で実行するときに、Gamepad 情報には、姿勢(または位置)情報は含まれません。オリジン トライアルを利用している場合は、WebVR API で Gamepad 拡張機能が有効化されます。