The #ChromeDevSummit site is live, happening Nov 12-13 in San Francisco, CA
Check it out for details and request an invite. We'll be diving deep into modern web tech & looking ahead to the platform's future.

サイトがハッキングされているかどうかを確認する方法

下記の場合は次の手順を行ってください。

  • Google からサイトがハッキングされているという通知が届いた場合
  • サイトがハッキングまたは不正使用されていることを示す警告が検索結果に表示される場合
  • サイトが実際にハッキングされているかどうかわからない場合

サイトが実際にハッキングされているかどうかわからない場合、またはサイトのフラグ付けが間違っていると思われる場合は、まず Search Console にサイトを登録してください。Search Console の [手動による対策] または [セキュリティの問題] に移動し、Google でサイトがハッキングされていることが検出された URL などを確認します。

Search Console に指定した URL でコンテンツのハッキングを確認できない場合、そのハッキングされたコンテンツでクローキングという手法が使われている可能性があります。クローキングとは、ユーザーのタイプによって表示するコンテンツを変えることでサイトの問題を修正しにくくする手法です。たとえば、www.example.com/cheap-drugs というサイト上のあるページにアクセスすると、コンテンツが一切ないページが表示されることがあります。このため、サイト上でコンテンツのハッキングは発生していないと思いがちですが、Google などの検索エンジンが www.example.com/cheap-drugs にアクセスすると、スパム行為のある単語やリンクが表示されます。

クローキングを確認するには、サイトがハッキングされた場合のトラブルシューティングをご利用ください。このトラブルシューティングでは、site: 検索演算子や Fetch as Google など、ハッキングされたコンテンツのクローキングの検出に役立つツールが説明されています。

ページを再度確認しても、サイトのフラグ付けが間違っていると思われる場合は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムにご投稿ください。それ以外の場合は、ハッキングされたサイトに関するウェブマスター向けヘルプに沿ってサイトの問題を修正してください。