ルート最新情報

ルート最新情報は時刻表の変動を表します。時刻表が作成されていてリアルタイム対応が可能なすべての旅程について、ルート最新情報を Google に提供していただくことになります。これらの最新情報では、ルート上の停車地での予想到着時刻または出発時刻を提示します。また、旅程の中止、時刻表への追加、さらにはルート変更など、より複雑な状況にも対応できます。

注: GTFS では、一定の時間に 2 回以上の停車を伴う移動行程を旅程といいます。

時刻表がある各旅程について、ルート最新情報は多くても 1 つしか存在しません。時刻表がある旅程のルート最新情報がない場合は、その旅程で利用できるリアルタイム データがないことになります。データの利用者は、その旅程が定刻どおり運行されていると考えてはいけません

停車時刻の更新情報(StopTimeUpdate)

ルート最新情報は、車両の停車時刻の更新情報(複数可)で構成されます。この更新情報を StopTimeUpdate といいます。過去と未来の停車時刻の更新情報を提供できますが、過去の停車時刻については省略することもできます(省略しなくてもかまいません)。ただし、過去の更新情報が、予定ではまだ終了していない旅程(つまり予定より早く終了したルート)を参照している場合は、その情報を省略しないようにしてください。そうしないと、この旅程の更新情報は 1 つもない、ということになるためです。

StopTimeUpdate はそれぞれ 1 つの停車地に関連しています。通常は、GTFS の stop_sequence または GTFS の stop_id のいずれかを使用して設定できます。ただし、GTFS の trip_id を使用しないで旅程の更新情報を提供しようとする場合は、stop_sequence の値がないので必ず stop_id を指定してください。この stop_id は、GTFS の stop_id を参照する必要があります。

この更新情報では、StopTimeUpdateStopTimeEvent を使用して、停車地の arrival または departure(あるいはその両方)について正確に時間を計ることができます。その際、time(絶対時間)または delay(予定時刻との時間差(秒単位))のいずれかを含める必要があります。delay(遅延時間)を使用できるのは、ルート最新情報が参照する対象が、運行間隔に基づく旅程ではなく時刻表のある旅程である場合に限ります。この場合の時刻は、予定時刻に遅延時間を足した値と等しくなります。さらに StopTimeEvent では、予測の不確かさを示す uncertainty を指定することもできます。詳細については、このページの下の方にある不確実度のセクションをご覧ください。

どの StopTimeUpdate も、時刻表との関係(ScheduleRelationship)のデフォルト値は scheduled です(これは旅程についての ScheduleRelationship とは異なります)。この値は、停車地に停車しない場合は skipped に、一部の旅程のリアルタイム データしかない場合は no data に変更できます。

更新情報は、必ず stop_sequence に従って並び順が決まります(または旅程での stop_id の発生順で決まります)。

旅程の 1 つまたは複数の停車地が欠落している場合、更新情報はそれ以降のすべての停車地に反映されます。つまり、ある停車地の停車時刻が更新されると、その他の情報がないときは後続のすべての停車地も同様に更新されます。

例 1

停車地が 20 か所ある旅程について、現在の停車地に関する StopTimeUpdate の stop_sequence で到着と出発の遅延時間(StopTimeEvent)が 0 の場合、定刻どおりに運行されていることを意味します。

例 2

上記と同じ旅程インスタンスについて、次の 3 つの StopTimeUpdate が指定されています:

  • stop_sequence 3 に対し 300 秒の遅延
  • stop_sequence 8 に対し 60 秒の遅延
  • stop_sequence 10 に対し遅延時間の指定なし

この指定は次のように解釈されます:

  • stop_sequence 3、4、5、6、7 は 300 秒の遅延が発生している。
  • stop_sequence 8、9 は 60 の遅延が発生している。
  • stop_sequence 10~20 の遅延時間は不明である。

旅程記述子(TripDescriptor)

旅程記述子により提供される情報は、更新対象となる旅程の時刻表との関係によって変わります。次に示すように、設定できるオプションはいくつかあります:

Scheduled(時刻指定あり) この旅程は GTFS の時刻表に従って、またはそれとほぼ同じスケジュールで進行しています。
Added(追加) この旅程は元々予定されておらず追加されたものです。たとえば、需要に対応するためや、故障した車両の代わりとして、などの場合があります。
Unscheduled(時刻指定なし) この旅程は運行中ですが時刻表はありません。たとえば、時刻が決まっていないシャトル バスの場合などです。
Canceled(中止) この旅程は時刻表がありましたが、現在は削除されています。
Replacement(代替運行) この旅程は、定期便時刻表の一部の代わりとなります。

旅程セレクタが特定の旅程インスタンスを指定している場合は、そのインスタンスのみが置き換えられます。特定のルートを指定している場合は、そのルートに沿ったすべての旅程が置き換えられます。この置き換えは、指定された旅程の一部にのみ適用されます。たとえば、A、B、C、D、E、F に停車するルートがあり、代わりの旅程では停車地 A、B、C のデータが提供されるとします。その場合、停車地 D、E、F の停車時刻は、定期便時刻表どおりとなります。

1 つのフィードで代わりの旅程を複数設定することができます。この場合、定期便時刻表の中の置き換えられる部分は、これらすべての旅程で定義される部分です。通常は、代わりの旅程すべてが同一のルートに対応するか、または個別の旅程インスタンスに対応するようにしなければなりません。




ほとんどの場合、この更新情報が関連する、時刻表のある GTFS の旅程の trip_id を指定する必要があります。この更新情報を GTFS の旅程に関連付けることができない場合は、代わりに GTFS の route_id とその旅程の出発日時を指定することもできます。一般的には、追加された旅程、時刻指定のない旅程、または一部の代わりの旅程の場合に当てはまります。

不確実度(uncertainty)

不確実度は、StopTimeUpdate の時刻(time)と遅延時間(delay)のどちらの値にも適用されます。不確実度では、実際の遅延時間で予想される誤差を秒単位の整数で大まかに指定します(正確な統計的意味はまだ定義されていません)。不確実度を 0 にすることもあり得ます。コンピュータによる時間制御の下で運転されている列車の場合などです。

一例として、ある長距離バスが次の停車地に 15 分遅れで到着すると予測され、その誤差が 4 分(つまりプラスマイナス 2 分)だとします。この場合の Uncertainty の値は 240 となります。