運行情報

運行情報では、路線網で障害が発生するたびに最新情報を提供できます。個々の旅程の遅延や中止については、通常はルート最新情報を使って情報提供します。

次の情報を設定することができます:

  • URL - 運行情報の詳細が記載されているサイトへのリンク
  • 見出しのテキスト - 運行情報の概要
  • 説明 - 運行情報についての説明(通常は見出しと共に表示されるので、見出しのテキストを繰り返さないこと)

期間

運行情報は、必要に応じて一定期間表示されます。運行情報を見る乗客にとってそれが有益な情報である間は表示され続けるよう、期間を設定しなければなりません。

期間が指定されていない場合は、その運行情報がフィードに含まれている限りは表示されます。複数の期間が指定されている場合は、そのすべての期間中表示されます。

エンティティ セレクタ

エンティティ セレクタでは、路線網の中でこの運行情報が関係する対象を正確に指定できるので、最適な運行情報のみをユーザーに表示することができます。複数のエンティティに関係する運行情報について、エンティティ セレクタを複数追加することもできます。

エンティティは GTFS の ID を使用して選択します。選択できるのは次のとおりです:

  • 交通機関 - 路線網全体に関係します
  • ルート - 全ルートに関係します
  • ルート タイプ - 特定のタイプのルートに関係します(例: 全地下鉄)
  • 旅程 - 特定の旅程に関係します
  • 停車地 - 特定の停車地に関係します

原因

この運行情報を提供することになった原因について、次のいずれかを指定することができます:

  • 原因不明
  • その他の原因(これらの項目以外)
  • 技術的な問題
  • ストライキ
  • デモ
  • 事故
  • 休日
  • 天候
  • メンテナンス
  • 建設
  • 警察活動
  • 救急措置

影響

この問題が特定のエンティティに対して及ぼす影響について、次のいずれかを指定することができます:

  • 運休
  • 一部運休
  • 大きな遅れ(わずかな遅れについてはルート最新情報で提供すること)
  • 迂回運転
  • 便の追加
  • 変更ダイヤ
  • 停留場の変更
  • その他の影響(これらの項目以外)
  • 影響不明