Java サンプル

ご自分のプロジェクトで gtfs-realtime-bindings Java クラスを使用する場合は、適切な依存関係を追加する必要があります。Google のモジュールは Maven Central Repository で公開されているため、Maven、Ivy、Gradle などの Java ビルドツールから簡単に参照することができます。

以下の依存関係のスニペットでは、バージョンを表す文字列の X.Y.ZMaven Central Repository で入手できる最新バージョンに置き換えてください。

Maven の場合は、「pom.xml」依存関係セクションに以下の行を追加します。

<dependency>
  <groupId>com.google.transit</groupId>
  <artifactId>gtfs-realtime-bindings</artifactId>
  <version>X.Y.Z</version>
</dependency>

Gradle の場合は、build.gradle 依存関係セクションに以下の行を追加します。

compile group: 'org.google.transit', name: 'gtfs-realtime-bindings', version: 'X.Y.Z'

次のコード スニペットは、特定の URL から GTFS リアルタイム データフィードをダウンロードし、それを FeedMessage(GTFS リアルタイム スキーマのルートタイプ)としてパースして、結果を反復処理する方法を示しています。

import java.net.URL;

import com.google.transit.realtime.GtfsRealtime.FeedEntity;
import com.google.transit.realtime.GtfsRealtime.FeedMessage;

public class GtfsRealtimeExample {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    URL url = new URL("URL OF YOUR GTFS-REALTIME SOURCE GOES HERE");
    FeedMessage feed = FeedMessage.parseFrom(url.openStream());
    for (FeedEntity entity : feed.getEntityList()) {
      if (entity.hasTripUpdate()) {
        System.out.println(entity.getTripUpdate());
      }
    }
  }
}

詳しくは、Java プロジェクトのページをご覧ください。