グローバル サイトタグ(gtag.js)は Google タグに変わりました。詳細

同意設定を管理する(アプリ)

Google アナリティクスには、ユーザーの同意ステータスに基づいて Google タグの動作を調整する「同意モード」が用意されています。この機能を使用して、ユーザーからアナリティクスと広告の識別子に関する同意を得られたかどうかを指定できます。同意モードをアプリに実装するには、Firebase 向け Google アナリティクス SDK を使ってデフォルトの設定を構成し、その設定をアプリユーザーの同意内容に基づいてプログラム管理(setConsent API を使用)する必要があります。詳しくは、同意モードをご覧ください。

初期設定

デフォルト設定では、アナリティクスと広告のストレージが有効になっています。アプリのデフォルト設定を変更する手順は次のとおりです。

アナリティクスのストレージ

アナリティクスのストレージを無効にするには、アプリの Info.plist ファイルにある GOOGLE_ANALYTICS_DEFAULT_ALLOW_ANALYTICS_STORAGE の値を NO に設定します。たとえば、ソース XML で次のように設定します。

<key>GOOGLE_ANALYTICS_DEFAULT_ALLOW_ANALYTICS_STORAGE</key>
<false/>

広告のストレージ

広告のストレージを無効にするには、アプリの Info.plist ファイルにある GOOGLE_ANALYTICS_DEFAULT_ALLOW_AD_STORAGE の値を NO に設定します。たとえば、ソース XML で次のように設定します。

<key>GOOGLE_ANALYTICS_DEFAULT_ALLOW_AD_STORAGE</key>
<false/>

エンドユーザーが同意した後などに、アナリティクスと広告のストレージを再度有効にするには、AnalyticssetConsent インスタンス メソッドを呼び出します。

アプリの起動後にアナリティクスと広告のストレージの値を更新するには、setConsent メソッドを呼び出します。

setConsent メソッドで設定された値は、アプリの実行後も維持され、デフォルト設定をオーバーライドします。この値は、ユーザーがアプリを閉じて再度開いても、setConsent が再び呼び出されるまでその状態を維持します。広告のストレージに変更を加えるために setConsent を呼び出しても、アナリティクスのストレージの状態が変わることはありません。

次の例は、setConsent メソッドを使ってアナリティクスと広告のストレージの値を granted に更新する方法を示しています。

Swift

Analytics.setConsent([
  .analyticsStorage: .granted
  .adStorage: .granted
])

Objective-C

[FIRAnalytics setConsent:@{
  FIRConsentTypeAnalyticsStorage : FIRConsentStatusGranted
  FIRConsentTypeAdStorage : FIRConsentStatusGranted
}];