Variables: revert

承認が必要です

GTM ワークスペースの GTM 変数に加えた変更を元に戻します。 こちらからお試しいただけます。

リクエスト

HTTP リクエスト

POST https://www.googleapis.com/tagmanager/v2/+path:revert

パラメータ

パラメータ名 説明
パスパラメータ
path string GTM 変数の API 相対パス。 例: accounts/{account_id}/containers/{container_id}/workspaces/{workspace_id}/variables/{variable_id}
省略可能なクエリ パラメータ
fingerprint string 指定する場合は、ストレージ内の変数と同じフィンガープリントを使用する必要があります。

承認

このリクエストは、次のスコープでの承認が必要です(認証と承認の詳細をご確認ください)。

スコープ
https://www.googleapis.com/auth/tagmanager.edit.containers

リクエスト本文

このメソッドをリクエストの本文に含めないでください。

レスポンス

成功すると、このメソッドは次の構造を含むレスポンスの本文を返します。

{
  "variable": accounts.containers.workspaces.variables Resource
}
プロパティ名 説明 メモ
variable nested object ワークスペースの前回の同期以降、最も新しいバージョンのコンテナに含まれている変数です。変数がない場合は、最新バージョンのコンテナからフォルダが削除されています。

試してみましょう

以下の API Explorer を使ってライブデータでこのメソッドを呼び出し、レスポンスを確認してみましょう。