Permissions: update

承認が必要です

ユーザーのアカウントとコンテナへのアクセス権を更新します。 こちらからお試しいただくか、をご覧ください。

リクエスト

HTTP リクエスト

PUT https://www.googleapis.com/tagmanager/v1/accounts/accountId/permissions/permissionId

パラメータ

パラメータ名 説明
パスパラメータ
accountId string GTM アカウント ID。
permissionId string GTM ユーザー ID。

承認

このリクエストは、次のスコープでの承認が必要です(認証と承認の詳細をご確認ください)。

スコープ
https://www.googleapis.com/auth/tagmanager.manage.users

リクエスト本文

リクエストの本文には、以下のプロパティを使用して Permissions リソースを指定します。

プロパティ名 説明 備考
省略可能なプロパティ
accountAccess nested object GTM アカウントへのアクセス権。 書き込み可能
accountAccess.permission[] list アカウントのアクセス権の一覧。アカウントの有効なアクセス権は readmanage です。 書き込み可能
containerAccess[] list GTM コンテナのアクセス権。 書き込み可能
containerAccess[].containerId string GTM コンテナ ID。 書き込み可能
containerAccess[].permission[] list コンテナのアクセス権の一覧。コンテナの有効なアクセス権は read, edit, delete, publish です。 書き込み可能

レスポンス

成功すると、このメソッドによりレスポンスの本文で Permissions リソースが返されます。

注: このメソッドで使用可能なコード例では、サポートされているプログラミング言語すべての例を示しているわけではありません(サポートされている言語の一覧については、クライアント ライブラリ ページをご覧ください)。

Java

Java クライアント ライブラリを使用します。

/*
 * Note: This code assumes you have an authorized tagmanager service object.
 */

/*
 * This request updates a user's permissions to access a GTM account.
 */

// Construct the container access object.
ContainerAccess container = new ContainerAccess();
container.setContainerId("789443");
container.setPermission(Arrays.asList("read"));

// Construct the account access object.
AccountAccess account = new AccountAccess();
account.setPermission(Arrays.asList("read"));

// Construct the user access object.
UserAccess userAccess = new UserAccess();
userAccess.setEmailAddress("username@example.com");
userAccess.setAccountAccess(account);
userAccess.setContainerAccess(Arrays.asList(container));

try {
  UserAccess response = tagmanager.accounts().
      permissions().update("123456", "00123456789", userAccess).execute();
} catch (GoogleJsonResponseException e) {
  System.err.println("There was a service error: "
      + e.getDetails().getCode() + " : "
      + e.getDetails().getMessage());
}

/*
 * The results of the update method are stored in the response object.
 * The following code shows how to access the updated name and fingerprint.
 */
System.out.println("Updated Name = " + response.getName());
System.out.println("Updated Fingerprint = " + response.getFingerprint());

Python

Python クライアント ライブラリを使用します。

# Note: This code assumes you have an authorized tagmanager service object.

# This request updates a user's permissions to access a GTM account.
try:
  response = tagmanager.accounts().permissions().update(
      accountId='123456',
      permissionId='00123456789',
      body={
          'emailAddress': 'username@example.com',
          'accountAccess': {
              'permission': [
                  'read'
              ]
          },
          'containerAccess': {
              'containerId': '54321',
              'permission': [
                  'read'
              ]
          }
      }
  ).execute()
except TypeError, error:
  # Handle errors in constructing a query.
  print 'There was an error in constructing your query : %s' % error

except HttpError, error:
  # Handle API errors.
  print ('There was an API error : %s : %s' %
         (error.resp.status, error.resp.reason))

# The results of the update method are stored in the response object.
# The following code shows how to access the updated name and fingerprint.
print 'Updated Name = %s' % response.get('name')
print 'Updated Fingerprint = %s' % response.get('fingerprint')

演習

以下の APIs Explorer を使ってライブデータでこのメソッドを呼び出し、レスポンスを確認してみてください。