Containers

コンテナはタグ マネージャー アカウントに関連付けられます。コンテナは、マクロ、ルール、タグで構成されます。コンテナを作成、管理する方法については、設定とワークフローをご覧ください。

このリソースのメソッドの一覧については、このページの最後をご覧ください。

リソースの表記

以下は、Google タグ マネージャーのコンテナを表します。

{
  "accountId": string,
  "containerId": string,
  "name": string,
  "domainName": [
    string
  ],
  "publicId": string,
  "timeZoneCountryId": string,
  "timeZoneId": string,
  "notes": string,
  "usageContext": [
    string
  ],
  "enabledBuiltInVariable": [
    string
  ],
  "fingerprint": string
}
プロパティ名 説明 備考
accountId string GTM アカウント ID。
containerId string GTM コンテナを一意に識別するコンテナ ID。
domainName[] list コンテナに関連付けられたドメイン名のオプションのリスト。 書き込み可能
enabledBuiltInVariable[] list 有効化された組み込み変数のリスト。有効な値の例は、pageUrl, pageHostname, pagePath, referrer, event, clickElement, clickClasses, clickId, clickTarget, clickUrl, clickText, formElement, formClasses, formId, formTarget, formUrl, formText, errorMessage, errorUrl, errorLine, newHistoryFragment, oldHistoryFragment, newHistoryState, oldHistoryState, historySource, containerVersion, debugMode, randomNumber, containerId などです。 書き込み可能
fingerprint string 保存時に計算された GTM コンテナのフィンガープリント。この値は、アカウントが変更されるたびに再計算されます。
name string コンテナの表示名。 書き込み可能
notes string コンテナのメモ。 書き込み可能
publicId string コンテナの公開 ID。

timeZoneCountryId string コンテナの国 ID。 書き込み可能
timeZoneId string コンテナのタイムゾーン ID。 書き込み可能
usageContext[] list コンテナの使用状況の一覧。有効な値の例は、web, android, ios などです。 書き込み可能

メソッド

以下のメソッドを使用して、コンテナの作成、変更、削除を行います。

create
コンテナを作成します。
delete
コンテナを削除します。
get
コンテナを取得します。
list
GTM アカウントに属するすべてのコンテナを一覧表示します。
update
コンテナを更新します。