WebPShop

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

WebPShop は、Adobe Photoshop から直接 WebP 画像を開いて保存するためのプラグインであり、Apache 2.0 ライセンスにより GitHub から利用できるようになりました。

インストール

こちらの手順を行います。

エンコード オプション

macOS のエンコード オプション

圧縮設定は、[保存] コマンドの実行中に調整できます。

  • 品質は、ロッシーな 0(画像が小さなバイトに収まるように低下する)からロスレス 100(ピクセルが完全に同じになる)へと変化します。通常、圧縮サイズは品質とともに増加しますが、画像(スクリーン キャプチャ、無地の色など)によっては、ロスレス アルゴリズムのほうがサイズが小さくなります。

  • 圧縮はエンコードの速度を制御します。[遅い] を選択すると、画質が上がり、ファイルサイズが小さくなります。

  • プレビュー機能には、圧縮された画像と最終的なサイズが表示されます。画像が高すぎるか幅が大きすぎる場合は、移動可能なズームイン領域が表示されます。警告: サイズの大きな画像や圧縮率が高い作業の場合、これが有効になっていると、グラフィック ユーザー インターフェースが遅くなるか、応答しなくなる可能性があります。

  • アニメーションの場合(名前に時間を含む複数のレイヤ、たとえば「Frame1 (123 ms)」)、スライダーによって現在のフレームが選択され、プレビューと再生時間が表示されます。

一般的なパラメータ

写真については、品質を 70 前後に設定することをおすすめします。サイズが重要な場合(アイコン、大量のトラフィックが発生するウェブ写真など)、30 以下になることも珍しくありません。

人工画像(例: モノクロ テキスト、低エフェクトの 3D レンダリングなど)の場合、画質を 98 個以上にすると、見た目が良くなり、小さくなる場合があります。

これらのオプションを使用しても満足のいく結果が得られない場合は、このコマンドライン プラグインよりもコマンドライン ツールの設定のほうが優れています。

さらに詳しく見てみましょう

詳細については、README ファイルをご覧ください。 現在実装されている機能、不足している機能についての説明があります。プロジェクトへの参加については、CONTRIBUTING ファイルをご覧ください。