サーバーの応答時間を改善する

このルールは、サーバーの応答時間が 200 ミリ秒以上であることを PageSpeed Insights が検出した場合にトリガーされます。

概要

サーバーの応答時間は、ページのレンダリングを開始するのに必要な HTML をサーバーから読み込むのにかかる時間を測定したもので、Google とサーバー間のネットワーク遅延が差し引かれます。測定を実行するたびに差異がありますが、違いはそれほど大きくはなりません。サーバーの応答時間が大きく変動する場合は、根底にパフォーマンスの問題がある可能性があります。

推奨される解決方法

サーバーの応答時間は 200 ミリ秒以下に減らす必要があります。サーバーの応答が遅くなる要因としてさまざまな理由が考えられます。たとえば、速度の遅いアプリケーション ロジック、遅いデータベース クエリ、遅いルーティング、フレームワーク、ライブラリ、リソースによる CPU の消費、メモリ不足などです。サーバーの応答時間を改善するには、これらの要因をすべて検討する必要があります。サーバーの応答時間が長い理由を解明する最初のステップは、測定です。次に、データを参照しながら、問題の対処方法に関する適切なガイドを確認してください。問題が解決した後もサーバーの応答時間を継続的に測定して、パフォーマンスのボトルネックが発生したら対応する必要があります。

  1. 既存のパフォーマンスやデータを収集して調査します。データがない場合は、自動的なウェブ アプリケーション監視ソリューション使用したり(ほとんどのプラットフォームでホストされたオープンソース版が提供されています)、カスタムな計測プログラムを追加したりします。
  2. パフォーマンス上の最大のボトルネックを特定して修正します。一般的なウェブ フレームワークやコンテンツ管理プラットフォームを使用している場合は、パフォーマンス最適化のベスト プラクティスに関するドキュメントを確認してください。
  3. 今後のパフォーマンスの問題に備えて、監視と警戒を続けます。