サンプル

このセクションで紹介するサンプルアプリと利用ガイドによって、目的とするスライド操作を API リクエストに変換する方法を学ぶことができます。

利用ガイド

このセクションに掲載している利用例は、Google スライド上での一般的な操作を Slides API のリクエストで表す方法を示しています。

これらの例では、特定の言語に依存しない HTTP リクエストの形式を採用しています。 スライドの作成データをスライドにマージするテキストとシェイプの追加チャートの追加テキストのスタイリングの各ガイドには、Google API クライアント ライブラリを使用して Slide API のリクエストを特定の言語で実装する例が示されています。

このセクションの利用ガイドは、次のカテゴリに分かれています。

  • 基本的な読み取り: プレゼンテーションから情報を読み取るための一般的な方法を示しています。
  • 基本的な書き込み: プレゼンテーションに書き込むための一般的な方法を示しています。
  • 要素の操作: ページ要素の作成や編集を行うための一般的な方法を示しています。
  • プレゼンテーションの操作: プレゼンテーションの作成や操作を行うための一般的な方法を示しています。
  • スライドの操作: プレゼンテーション内でスライドの作成、移動、削除を行うための一般的な方法を示しています。
  • 表の操作: スライド内で表の作成や編集を行うための一般的な方法を示しています。
  • 変換操作: スライド内で要素のサイズや位置を変更するための一般的な方法を示しています。

通常、API で特定の処理を行う方法はいくつか存在します。 複数の更新リクエストを 1 つのメソッド呼び出しにまとめることができる場合は、バッチメソッド presentations.batchUpdate を使用してください。 これにより、クライアント HTTP のオーバーヘッドが削減され、クエリ回数やプレゼンテーションの改版回数が減り、原子性を維持しながらすべての変更を統合できるようになります。

さらにパフォーマンスを向上させるには、プレゼンテーション、ページ、ページ要素の読み取りや更新時に、フィールド マスクを使用してください。

サンプルアプリ

以下のサンプルアプリもご利用いただけます。

  • Markdown to Slides: マークダウン ファイルからスライド資料を生成するためのコマンドライン ツール

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。