Google でビジネスの詳細を際立たせる

検索結果の Google ナレッジパネル

Google の機能を活用することにより、ご自身の公式ウェブサイトの外観を整えてカバレッジを拡大し、検索結果における存在感を高めることができます。これにより、ユーザーが公式サイトを認識しやすくなり、検索の際、提供された情報にアクセスしやすくなります。

Google では、ビジネスの重要な詳細情報を設定して検索結果に反映させるためのさまざまな方法をご用意しています。このガイドでは、ビジネス拠点、公式サイト、コンテンツ情報を検索結果、Google ナレッジパネル、Google マップに表示させる方法について説明します。

ローカル ビジネスを申請する

既存の実店舗の申請、または新しい店舗の開設を行うには、Google マイビジネスを使用します。リスティングの確認済みオーナーになると、住所、連絡先情報、ビジネスのタイプ、写真を指定または編集できます。これにより、自分のローカル ビジネス情報を Google マップと Google ナレッジパネルに表示できるようになります。

ウェブサイトを Search Console に登録する

公式ウェブサイトとしての存在を確立するには、まず Search Console でウェブサイトの所有権を確認します。これは、サイトの所有者と運営者を確認するプロセスです。ウェブサイトの確認を完了すると、サイトの情報が Google でどのように表示されるかを Search Console で把握し、監視できます。

サイトの Google ナレッジパネルを更新する

Google のアルゴリズムは、ウェブで一般公開されている情報(サイトの名前、企業の連絡先情報、ソーシャル プロフィールなど)を検出します。サイトの詳細情報を更新または指定することで、検索結果でのリーチを拡大して認知度を高めることができます。正式な代表者として確認済みであれば、Google ナレッジパネルを更新して Google が自動検出した情報を上書きできます。

構造化データを追加する

Google 検索では、ページのコンテンツを理解するよう取り組んでいます。ページに構造化データを含めて、ページの内容についての明確な判断材料を提供すると、Google でそのページをより正確に理解できるようになります。 構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。詳しくは、構造化データの詳細をご覧ください。

すべてのウェブサイトで利用できる構造化データの機能は、以下のとおりです。

  • サイトのロゴ: Google が検索結果と Google ナレッジパネルで組織のロゴとして使用する画像を指定できます。指定するには、該当のロゴの場所を示すロゴの構造化データを公式ウェブサイトに追加します。
  • パンくずリスト: ページ上のパンくずリストは、サイトの階層内におけるページの位置を示します。ユーザーは、パンくずリスト内の最後のパンくずから順番にさかのぼることで、サイトの階層内を 1 レベルずつ上に移動できます。サイトにパンくずリストの構造化データを追加すると、Google がそのパンくずリストを詳細に理解できるようになります。

トラブルシューティング

サイトの情報に関して問題を抱えている場合は、次のトラブルシューティングをお試しください。

  • Google ナレッジパネルの変更を提案する。

    マークアップしたページを Google が最後にクロールしてから 1 週間以上経過しても問題が解決しない場合、Google ナレッジパネルの下部にある [フィードバック] リンクをクリックして、Google ナレッジパネル内の正しくないと思われる情報を報告します。Google ナレッジパネルで認定済みの機関、サイトまたは法人の代表者である場合は、詳細な編集を行うためのオプションが表示されます。

    Google ナレッジパネルを更新する方法についての記事もご覧ください。

  • 構造化データ テストツールを使用して、マークアップを検証する。Google のシステムがサイトの詳細情報を検出して検索結果に反映するまでに 1 週間程度かかります。