レンダリング問題のデバッグ

Google 検索においてコンテンツが正しく処理またはレンダリングされていないと思われる場合は、デバッグのヒントをご確認のうえ、以下のいずれかの方法を使用して問題のテストとデバッグを行ってみてください。

  1. Search Console の Fetch and Render as Google ツールを使用して、Google がサイトの URL をどのようにクロールおよびレンダリングしているかをテストします。特定の URL に対して [取得とレンダリング] を行ったり、HTTP レスポンス ヘッダーを検査したり、Google 検索で表示されるページのプレビューを表示したりすることができます。
  2. JavaScript の実行エラーをログに記録して、エラーを監査します。以下は、JavaScript のエラーを onerror グローバル ハンドラに記録する方法を示したサンプル スニペットです。
window.addEventListener('error', function(e) {
    var errorText = [
        e.message,
        'URL: ' + e.filename,
        'Line: ' + e.lineno + ', Column: ' + e.colno,
        'Stack: ' + (e.error && e.error.stack || '(no stack trace)')
    ].join('\n');

    // Example: log errors as visual output into the host page.
    // Note: you probably don’t want to show such errors to users, or
    //       have the errors get indexed by Googlebot; however, it may
    //       be a useful feature while actively debugging the page.
    var DOM_ID = 'rendering-debug-pre';
    if (!document.getElementById(DOM_ID)) {
        var log = document.createElement('pre');
        log.id = DOM_ID;
        log.style.whiteSpace = 'pre-wrap';
        log.textContent = errorText;
        if (!document.body) document.body = document.createElement('body');
        document.body.insertBefore(log, document.body.firstChild);
    } else {
        document.getElementById(DOM_ID).textContent += '\n\n' + errorText;
    }

    // Example: log the error to remote service.
    // Note: you can log errors to a remote service, to understand
    //       and monitor the types of errors encountered by regular users,
    //       Googlebot, and other crawlers.
    var client = new XMLHttpRequest();
    client.open('POST', 'https://example.com/logError');
    client.setRequestHeader('Content-Type', 'text/plain;charset=UTF-8');
    client.send(errorText);

});

サポートをご希望の場合は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムにアクセスしてください。

フィードバックを送信...