職業訓練(ベータ版)

求職者や学生が、目指す役職のために市場価値のあるスキルを習得したいと考えても、そのためのプログラムを探す、コストを比較する、どの仕事に需要があるかを知るのは難しいものです。Google 検索の職業訓練エクスペリエンスは、ユーザーの新しいキャリアパスの発見や、次の仕事につながるスキルの習得に役立つ情報を表示します。詳細については、Google の職業訓練エクスペリエンスをご覧ください。

プログラムのウェブページに構造化データを追加することで、職業訓練エクスペリエンスと統合できます。構造化データにより、Google がページのコンテンツを理解しやすくなります。その結果、Google はユーザーに対して、より適切な職業訓練プログラムを表示できます。構造化データの使用を開始する場合は、構造化データの仕組みについてのガイドをご覧ください。

検索結果に表示された職業訓練の例

機能の提供状況

優れたユーザー エクスペリエンスを確保するために、Google は徐々に全米にサービスを拡大しています。また、この機能は現在開発中であり、要件やガイドラインが変更される場合があります。Google 検索で結果がすぐに表示されない場合があります。安定した市場を確保し、ユーザーに対するサービス向上を実現するために、この機能は現在、米国の職業訓練プロバイダに限定されています。

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。ページ上の構造化データを配置する場所について詳しくは、JSON-LD 構造化データ: ページでの挿入場所をご覧ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

複数クラスで賃金なしのプログラム

クラスが複数あり、プログラムへの参加に対して賃金を提供しないプログラムの例を示します。

<html>
  <head>
    <title>Associate degree in Computer Science</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "http://schema.org/",
      "@type": "EducationalOccupationalProgram",
      "name": "Associate degree in Computer Science from ACME College",
      "description": "a piece of text about what it might mean to take this program",
      "identifier": [{
         "@type": "PropertyValue",
         "propertyID": "CIP2010",
         "value": "12.3456"
      }, {
         "@type": "PropertyValue",
         "propertyID": "ProgramID",
         "value": "CS-101"
      }],
      "provider": {
        "@type": "EducationalOrganization",
        "name": "ACME Community College",
        "address": {
          "@type": "PostalAddress",
          "streetAddress": "123 Main Street",
          "addressLocality": "Boston",
          "addressRegion": "MA",
          "addressCountry": "US",
          "postalCode": "02134"
        },
        "contactPoint": {
          "@type": "ContactPoint",
          "contactType": "Admissions",
          "telephone": "+1-555-123-4567"
        }
      },
      "timeToComplete": "P2Y",
      "occupationalCategory": ["15-1111", "15-1121", "15-1122", "15-1131"],
      "occupationalCredentialAwarded": {
        "@type": "EducationalOccupationalCredential",
        "credentialCategory": "Associate Degree"
      },
      "programPrerequisites": {
        "@type": "EducationalOccupationalCredential",
        "credentialCategory": "HighSchool"
      },
      "applicationStartDate": "2019-05-14",
      "applicationDeadline": "2019-09-14",
      "startDate": "2019-10-01",
      "endDate": "2021-10-01",
      "dayOfWeek":  [
        "Wednesday",
        "Thursday",
        "Friday"
      ],
      "timeOfDay": "Morning",
      "numberOfCredits": "30",
      "typicalCreditsPerTerm": "12",
      "termDuration": "P4M",
      "termsPerYear": "2",
      "maximumEnrollment": "30",
      "educationalProgramMode": "IN_PERSON",
      "financialAidEligible": "PUBLIC_AID",
      "offers": [
        {
          "@type": "Offer",
          "category": "Tuition",
          "priceSpecification": {
            "@type": "PriceSpecification",
            "price": 16278,
            "priceCurrency": "USD"
          }
       }, {
          "@type": "Offer",
          "category": "Program Fees",
          "priceSpecification": {
            "@type": "PriceSpecification",
            "price": 200,
            "priceCurrency": "USD"
          }
       }
     ]
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

仕事ベースのプログラム

職業訓練と賃金を提供するプログラムの例を示します。

<html>
  <head>
    <title>About the IBEW Apprenticeship</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "http://schema.org/",
      "@type": "WorkBasedProgram",
      "name": "IBEW Apprenticeship",
      "description": "a piece of text about what it might mean to take this program",
      "identifier": [{
         "@type": "PropertyValue",
         "propertyID": "ProgramID",
         "value": "IBEW-123"
      }],
      "provider": {
        "@type": "EducationalOrganization",
        "name": "International Brotherhood of Electrical Workers",
        "address": {
          "@type": "PostalAddress",
          "streetAddress": "123 Main Street",
          "addressLocality": "Boston",
          "addressRegion": "MA",
          "addressCountry": "US",
          "postalCode": "02134"
        },
        "contactPoint": {
          "@type": "ContactPoint",
          "contactType": "Admissions",
          "telephone": "+1-555-123-4567"
        }
      },
      "timeToComplete": "P2Y",
      "occupationalCategory": "47-2111",
      "occupationalCredentialAwarded": {
        "@type": "EducationalOccupationalCredential",
        "credentialCategory": "Welding License"
      },
      "programPrerequisites": {
        "@type": "EducationalOccupationalCredential",
        "credentialCategory": "HighSchool"
      },
      "applicationStartDate": "2019-05-14",
      "applicationDeadline": "2019-09-14",
      "startDate": "2019-10-01",
      "endDate": "2021-10-01",
      "maximumEnrollment": "30",
      "offers": [
        {
          "@type": "Offer",
          "category": "Tuition",
          "priceSpecification": {
            "@type": "PriceSpecification",
            "price": 16278,
            "priceCurrency": "USD"
          }
       }, {
          "@type": "Offer",
          "category": "Program Fees",
          "priceSpecification": {
            "@type": "PriceSpecification",
            "price": 200,
            "priceCurrency": "USD"
          }
       }
     ],
      "trainingSalary" : {
        "@type": "MonetaryAmountDistribution",
        "currency": "USD",
        "duration": "P1H",
        "median": 16.00
      },
      "salaryUponCompletion": {
        "@type": "MonetaryAmountDistribution",
        "currency": "USD",
        "duration": "P1H",
        "median": 20.00
      }
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

ガイドライン

Google の職業訓練に参加するには、次のガイドラインに準拠する必要があります。

登録の資格要件

Google の職業訓練プログラムのリストに表示されるには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 必要な構造化データ プロパティがすべてウェブページに含まれている。
  • 対象のプログラムは、学士号を必要としない職業に導くものでなければならない。 これには、認定プログラム、準学士号が含まれます。また、受講者が有料で参加する、最大約 2 年間のフルタイム登録が必要な他のプログラムも含まれます。たとえば、コミュニティ カレッジ プログラム、私立大学プログラム、雇用主運営の教育、NGO 主導の教育、職業別教育などです。
  • 賃金が支払われるプログラムの場合、プログラムの長さに制限がない。たとえば、雇用主運営の実習、オンザジョブ トレーニング、組合や NGO の実習などです。
  • プログラムは、地域で需要がある職業と一致していなければならない。
  • プログラムが、高卒資格を超える学位を持たない応募者を受け入れている。
  • プログラムの修了により、受講者は職業の準備が整う。準備コースは受け入れられません。
  • プログラムはローカルに存在する必要がある。オンライン専用プログラムは受け入れられません。
  • 受講料が必要なプログラムは、正規に在籍している受講者が 2 年以内に受講を終えることを意図している限り、対象となります。
  • 職業のための訓練にはなるが、単位がない、または学位につながらないプログラムも許容されます。
  • 米国 DoE によるプログラム認定を取得している職業の一部については、プログラムがプログラム認定を取得している必要がある(理学療法助手など)。

この機能はプログラムの一部に焦点を合わせていますが、将来この機能や他の機能がこの情報を使用する場合、すべてのプログラムにマークアップを実装できます。

構造化データタイプの定義

このセクションでは、Google での職業訓練エクスペリエンスに関連する構造化データタイプについて説明します。プログラムは、そのプログラムの種類に基づいて、次のいずれかのタイプを追加する必要があります。

  • 費用がかかるプログラムか、無料で参加できるプログラムか。EducationalOccupationalProgram プロパティを追加します。
  • プログラムに参加している間、賃金が提供されるか。WorkBasedProgram プロパティを追加します。

所属機関が認定委員会の認定を受けている場合は、EducationalOrganization プロパティを使用します。EducationalOrganization は、サイトのトップレベル ページに、または特定のプログラムのプロバイダ フィールドとして追加できます。

コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティが必要です。また、推奨プロパティを使用することでコンテンツに関する詳細情報を追加でき、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

EducationalOccupationalProgram

EducationalOccupationalProgram の定義の全文は schema.org/EducationalOccupationalProgram で確認できます。有料または無料のプログラムには、次のプロパティが必要です。仕事ベースのプログラムの場合、代わりに WorkBasedProgram プロパティを追加します。

必須プロパティ
applicationDeadline

DateTime

プログラムが申し込みの受け付けを停止する日付。ISO-8601 形式で指定します。 申し込みが定期的に行われている場合は、プログラムが申し込みを受け付ける最新の日付を指定します。


"applicationDeadline": "2020-04-01T19:30"

プログラムが暦年に複数回提供される場合は、リストの日付を複数指定します。


"applicationDeadline": [
  "2020-04-01T19:30",
  "2020-08-01T19:30"
]
identifier.propertyID

Text

識別子の種類を指定する PropertyValue エントリのキー。プログラムでは、次の 2 種類の識別子を指定する必要があります。

CIP2010

米国教育省の 2010 仕様で公開されている 6 桁の CIP コード。

ProgramID

教育機関が使用する一意のプログラム ID(該当する場合)。

例:


"identifier": [
  {
  "@type": "PropertyValue",
  "propertyID": "CIP2010",
  "value": "12.3456"
  },
  {
  "@type": "PropertyValue",
  "propertyID": "ProgramID",
  "value": "CS-101"
  }
]
identifier.value

Text

PropertyValue エントリの値。 この値は指定された propertyID に対応している必要があります。

例:


"identifier": [
  {
  "@type": "PropertyValue",
  "propertyID": "CIP2010",
  "value": "12.3456"
  },
  {
  "@type": "PropertyValue",
  "propertyID": "ProgramID",
  "value": "CS-101"
  }
]
name

Text

プログラムの名前。


"name": "Certified Nurse Aid Program"
occupationalCategory

Text

職業訓練プログラムの参加者が目指す職業。プログラムが複数の職業の訓練を提供している場合は、配列に複数の値を指定します。

2010 SOC ガイドで公開されている BLS SOC-6 コードを使用します。

offers

Offer

プログラムの推定費用(該当する場合)。推定費用は、プログラムの総費用である場合と、授業料、料金、その他の費用に分類される場合があります。費用は、援助なしの、州内居住者の費用である必要があります。

その他のガイドライン:

  • Offer.price_specification.price は数字で指定する必要があります(他のテキストは受け入れられません)。
  • プログラムに関連する料金のみを含めます。例: スクラブ、必要な教科書の推定費用、ショッピング カート料金。
  • プログラムの修了に必要でない料金は含めないでください。たとえば、修了後のテスト、受講前のテスト、宿泊、健康管理、保育などの料金です。
offers.priceSpecification.price

Number

指定したオファーの価格。


[
  {
    "@type": "Offer",
    "category": "CostPerCredit",
    "priceSpecification": {
      "@type": "PriceSpecification",
      "price": 400,
      "priceCurrency": "USD"
   }, {
    "@type": "Offer",
    "category": "Program Fees",
    "priceSpecification": {
      "@type": "PriceSpecification",
      "price": 200,
      "priceCurrency": "USD"
  }
]
offers.priceSpecification.priceCurrency

Number

指定したオファーの価格の通貨。


[
  {
    "@type": "Offer",
    "category": "CostPerCredit",
    "priceSpecification": {
      "@type": "PriceSpecification",
      "price": 400,
      "priceCurrency": "USD"
   }, {
    "@type": "Offer",
    "category": "Program Fees",
    "priceSpecification": {
      "@type": "PriceSpecification",
      "price": 200,
      "priceCurrency": "USD"
  }
]
provider

EducationalOrganization

プログラムを提供する教育機関。

provider.address

PostalAddress

受講者がプログラムを受講する物理的な住所。プログラムに複数の場所がある場合は、例に示すように、場所ごとに各住所を繰り返します。

provider.address.addressCountry

PostalAddress

学生がプログラムに参加する住所の国コード。2 文字の ISO 3166-1 alpha-2 国コードを使用します。


"addressCountry": "US"
provider.contactPoint

ContactPoint

受講希望者が詳細を問い合わせられる連絡先。


"provider": {
  "@type": "EducationalOrganization",
  "contactPoint": {
    "@type": "ContactPoint",
    "contactType": "Admissions",
    "telephone": "+15551234567"
  }
}
provider.contactPoint.contactType

Text

連絡先のタイプ。少なくとも 1 つの contactPoint に対して Admissions に設定する必要があります。


"contactType": "Admissions"
provider.contactPoint.telephone

Text

受講希望者が詳細を問い合わせられる電話番号。


"telephone": "+15551234567"
timeToComplete

Text

フルタイムの受講者がプログラムの修了に要する時間を、週、月、年単位で、ISO-8601 形式で表したもの。フルタイムの受講者が修了するまでの一般的な時間を表します。例:

2 か年プログラム P2Y
2 か月プログラム P2M
2 年 2 か月 "P26M" "P2Y2M"

期間が不明な場合は、単位数に、フルタイムの受講者の予想ワークロードを掛けて使用することをおすすめします。たとえば、フルタイムの受講者の学期あたりの予想単位数 12 単位で 48 単位を割り、1 学期 4 か月を掛けることで、16 か月、すなわち 1.5 年未満となります。

推奨プロパティ
applicationStartDate

DateTime

プログラムが申し込みの受け付けを開始する日付。ISO-8601 形式で指定します。 申し込みが定期的に行われている場合は、特定の学期の申し込みが開始される日付をプロパティに指定します。申し込みを年に複数回受け付けている場合は、最も早い日付を指定します。


"applicationStartDate": "2020-04-01T19:30"
dayOfWeek

DayOfWeek

プログラムが提供されている曜日。次のいずれかの値を使用します。

  • "Saturday"
  • "Sunday"
  • "Monday"
  • "Tuesday"
  • "Wednesday"
  • "Thursday"
  • "Friday"

同じプログラムに複数の日を含めることができます。

description

Text

プログラムの説明。


"description": "A training program to empower you to expand your
skillset."
endDate

DateTime

学期が正式に終了し、学生がクラスや試験に出席する必要がなくなる日付。ISO-8601 形式で指定します。終了日が複数ある場合は、プログラムが終了する各日付をプロパティに指定します。


"endDate": "2020-04-01T19:30"
educationalProgramMode

Text

コースのコンテンツが伝達される形式と、学生が対面とリモートのどちらを選択できるかを指定します。次のいずれかの値を使用します(大文字と小文字を区別)。

  • "IN_PERSON" - 参加者が物理的に出席する必要があるオンサイトのプログラム。
  • "ONLINE" - 100% オンラインで、物理的に出席する必要がないプログラム。
  • "HYBRID" - オンラインの部分とオンサイトの部分があるプログラム。

"educationalProgramMode": "ONLINE"
financialAidEligible

Text

そのプログラムが対象になっている各種の支援。

次の値(大文字と小文字を区別)から 1 つ以上を選択します。

  • "PUBLIC_AID" - 政府が提供する支援(Pell 助成金など)。
  • "PROVIDER_AID" - 学校 / プロバイダが提供する支援(スタンフォード大学の学資援助など)。
maximumEnrollment

Number

プログラムが提供された時点で登録可能な学生の最大キャパシティ。


"maximumEnrollment": "50"
numberOfCredits

Number

このプログラムの修了によって獲得した単位数。


"numberOfCredits": "30"
occupationalCredentialAwarded

EducationalOccupationalCredential

プログラムの修了時に提供される資格証明書。例: 準学士号、修了証明書。

offers.category

Text

プログラムに関連する費用のカテゴリ。 州内の学生と州外の学生で授業料が異なる場合は、追加のカテゴリ フィールドを使用して指定できます。「区域内」、「区域外」などについても、同様のカテゴリを追加できます。offers.category の値の例を次に示します。

  • Total Cost
  • Tuition
  • In-state
  • Out-of-state
  • CostPerCredit
  • CostPerTerm
  • Program Fees
  • Books and Supplies Fees
  • Uniform Fees
  • Activities Fees
  • Technology Fees
  • Other Fees
programPrerequisites

EducationalOccupationalCredential

プログラムに参加するための前提条件。

高卒資格が必要な場合は、credentialCategoryHighSchool に設定します。

startDate

DateTime

プログラムの開始日。ISO-8601 形式で指定します。 プログラムが暦年に複数回提供される場合は、プロパティを複数回指定します。


"startDate": "2020-04-01T19:30"
termDuration

Text

学期の完了までにかかる時間。ISO-8601 形式で指定します。 たとえば四半期は 3 か月(P3M)、1 学期は 4 か月(P4M)のように指定します。


"termDuration": "P4M"
termsPerYear

Number

1 年間に実施される学習期間の回数。一般的な単位としては学期と四半期があります。たとえば、学生がプログラムについて 1 年間に 2 つの学期を履修できる場合は、termsPerYear を 2 に指定します。


"termsPerYear": "2"
timeOfDay

Text

プログラムが実施される時刻。


"timeOfDay": "Afternoon",
"timeOfDay": "Morning",
"timeOfDay": "3pm"
typicalCreditsPerTerm

Number

フルタイムの学生が受け取ることが期待される単位数。たとえば、学生が 1 学期あたり 12 単位を取得することが期待される場合は、typicalCreditsPerTerm を 12 に設定する必要があります。


"typicalCreditsPerTerm": "12"

WorkBasedProgram

WorkBasedProgram の定義の全文は schema.org/WorkBasedProgram で確認できます。仕事ベースのプログラムには、次のプロパティが必要です。プログラムが有料で利用できる場合は、代わりに EducationalOccupationalProgram プロパティを追加します。

必須プロパティ
name

Text

プログラムの名前。


"name": "Electrical Apprenticeship"
occupationalCategory

Text

職業訓練プログラムの参加者が目指す職業。プログラムが複数の職業の訓練を提供している場合は、配列に複数の値を指定します。

2010 SOC ガイドで公開されている BLS SOC-6 コードを使用します。


"occupationalCategory" : ["47-2111", "49-9021"]
provider

EducationalOrganization

プログラムを提供する教育機関。

provider.address

PostalAddress

受講者がプログラムを受講する物理的な住所。プログラムに複数の場所がある場合は、例に示すように、場所ごとに各住所を繰り返します。

推奨プロパティ
applicationDeadline

DateTime

プログラムが申し込みの受け付けを停止する日付。ISO-8601 形式で指定します。 プログラムが暦年に複数回提供される場合は、特定の学期の申し込み期限となる日付を指定します。申し込みが定期的に行われている場合は、最新の日付を指定します。


"applicationDeadline": "2020-04-01T19:30"
applicationStartDate

DateTime

プログラムが申し込みの受け付けを開始する日付。ISO-8601 形式で指定します。 申し込みが定期的に行われている場合は、特定の学期の申し込みが開始される日付をプロパティに指定します。申し込みを年に複数回受け付けている場合は、最も早い日付を指定します。


"applicationStartDate": "2020-04-01T19:30"
description

Text

プログラムの説明。


"description": "A training program to empower you to expand your skillset."
endDate

DateTime

学期が正式に終了し、学生がクラスや試験に出席する必要がなくなる日付。ISO-8601 形式で指定します。 終了日が複数ある場合は、プログラムが終了する各日付をプロパティに指定します。


"endDate": "2020-04-01T19:30"
maximumEnrollment

Number

プログラムが提供された時点で登録可能な学生の最大キャパシティ。


"maximumEnrollment": "50"
occupationalCredentialAwarded

EducationalOccupationalCredential

プログラムの修了時に提供される資格証明書。例: 準学士号、修了証明書。

offers

Offer

プログラムの推定費用(該当する場合)。推定費用は、プログラムの総費用である場合と、授業料、料金、その他の費用に分類される場合があります。費用は、援助なしの、州内居住者の費用である必要があります。

その他のガイドライン:

  • Offer.price_specification.price は数字で指定する必要があります(他のテキストは受け入れられません)。
  • プログラムに関連する料金のみを含めます。例: スクラブ、必要な教科書の推定費用、ショッピング カート料金。
  • プログラムの修了に必要でない料金は含めないでください。たとえば、修了後のテスト、受講前のテスト、宿泊、健康管理、保育などの料金です。
offers.category

Text

プログラムに関連する費用のカテゴリ。 州内の学生と州外の学生で授業料が異なる場合は、追加のカテゴリ フィールドを使用して指定できます。「区域内」、「区域外」などについても、同様のカテゴリを追加できます。offers.category の値の例を次に示します。

  • Total Cost
  • Tuition
  • In-state
  • Out-of-state
  • CostPerCredit
  • CostPerTerm
  • Program Fees
  • Books and Supplies Fees
  • Uniform Fees
  • Activities Fees
  • Technology Fees
  • Other Fees
programPrerequisites

EducationalOccupationalCredential

プログラムに参加するための前提条件。

高卒資格が必要な場合は、credentialCategoryHighSchool に設定します。

salaryUponCompletion

MonetaryAmountDistribution

職業訓練の修了時に受講者が得る実際の時給、または推定時給。期間を P1H として指定します。


"salaryUponCompletion": {
  "@type": "MonetaryAmountDistribution",
  "currency": "USD",
  "duration": "P1H",
  "median": "20.00"
}
startDate

DateTime

プログラムの開始日。ISO-8601 形式で指定します。 プログラムが暦年に複数回提供される場合は、プロパティを複数回指定します。


"startDate": "2020-04-01T19:30"
timeToComplete

Text

フルタイムの受講者がプログラムの修了に要する時間を、週、月、年単位で、ISO-8601 形式で表したもの。フルタイムの受講者が修了するまでの一般的な時間を表します。例:

2 か年プログラム P2Y
2 か月プログラム P2M
2 年 2 か月 "P26M" "P2Y2M"

期間が不明な場合は、単位数に、フルタイムの受講者の予想ワークロードを掛けて使用することをおすすめします。たとえば、フルタイムの受講者の学期あたりの予想単位数 12 単位で 48 単位を割り、1 学期 4 か月を掛けることで、16 か月、すなわち 1.5 年未満となります。

trainingSalary

MonetaryAmountDistribution

受講者がプログラムの初日に得る時給。期間を P1H として指定します。


"trainingSalary": {
  "@type": "MonetaryAmountDistribution",
  "currency": "USD",
  "duration": "P1H",
  "median": "16.00"
}

EducationalOrganization

EducationalOrganization の定義の全文は schema.org/EducationalOrganization で確認できます。所属機関が認証委員会の認定を受けている場合は、EducationalOrganization を使用します。EducationalOrganization は、サイトのトップレベル ページに、または特定のプログラムのプロバイダ フィールドとして追加できます。

必須プロパティ
address

PostalAddress

メイン キャンパスの住所。できるだけ多くの住所プロパティを指定します。指定するプロパティが多いほど、ユーザーに提供するプログラムの質が高くなります。例:


"address": {
  "@type": "PostalAddress",
  "streetAddress": "123 Elm Street",
  "addressLocality": "Amherst",
  "addressRegion": "MA",
  "addressCountry": "US",
  "postalCode": "01002"
}
contactPoint

ContactPoint

受講希望者が連絡できる主な受付電話番号。contactTypeAdmissions に設定します。


"contactPoint": {
  "@type": "ContactPoint",
  "contactType": "Admissions",
  "telephone": "+15551234567"
}
name

Text

組織の名前。

推奨プロパティ
ID

AdministrativeArea

次のプロパティの 1 つまたは任意の組み合わせを使用した、組織の ID。

leiCode

Text

組織の法人 ID。

taxID

Text

組織の米国納税者番号。

hasCredential

EducationalOccupationalCredential

米国教育省の認定団体に基づいて教育機関に付与される、国または地域の認定。


"hasCredential": {
  "@type": "EducationalOccupationalCredential",
  "credentialCategory": "Accreditation",
  "recognizedBy": {
    "@type": "Organization",
    "name": "Accrediting Commission of Career Schools and Colleges"
  }
}
hasCredential.credentialCategory

Text

認証情報のカテゴリ。


"credentialCategory": "Accreditation"
hasCredential.recognizedBy

Organization

認証情報の有効性、価値、有用性を認める組織。


"recognizedBy": {
    "@type": "Organization",
    "name": "Accrediting Commission of Career Schools and Colleges"
  }
}
hasCredential.recognizedBy.name

Organization

認定団体の名前。


"name": "Accrediting Commission of Career Schools and Colleges"
subOrganization

EducationalOrganization

組織内の第 2 キャンパス。複数のキャンパスがある場合に使用します。

subOrganization.address

PostalAddress

第 2 キャンパスの住所。複数のキャンパスがある場合に指定します。

subOrganization.name

Text

第 2 キャンパスの名前。複数のキャンパスがある場合に指定します。

トラブルシューティング

構造化データを実装する際に問題が発生した場合は、以下のリソースを確認してください。