ソフト 404 エラー

ソフト 404 とは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことと 200 (success) のステータス コードをユーザーに伝えるページを返す URL のことを指します。場合によっては、コンテンツがほとんどまたはまったくないページ(コンテンツがまばらに表示されるページや空白のページ)もこれに該当します。

404 (not found)410 (gone) または 301 (permanent redirect) ではなく、成功ステータス コードを返すのは不適切です。成功ステータス コードは、その URL に実際のページが存在することを検索エンジンに知らせます。その結果、該当ページが検索結果に表示され、検索エンジンは実際のページをクロールせず、実体のない URL を引き続きクロールしようとします。

Google のアルゴリズムが、コンテンツに基づいてそのページが実際にエラーページであることを検出すると、Search Console はサイトのインデックス カバレッジ レポートにソフト 404 エラーを表示します。

ソフト 404 エラーを修正する

ページの状態と求める結果に応じて、さまざまな方法でソフト 404 エラーを解決できます。

ユーザーにとって最適な解決方法を選択してください。

該当ページおよびコンテンツが利用できなくなっている

該当ページが削除されており、同様のコンテンツを含む代替ページがサイトに存在しない場合は、404 (not found) または 410 (gone) のレスポンス(ステータス)コードを返します。これらのステータス コードは、該当ページが存在せず、コンテンツをインデックスに登録するべきではないことを検索エンジンに指定します。

サーバーの設定ファイルにアクセスできる場合は、これらのエラーページをカスタマイズしてユーザーの利便性を向上させることができます。404 ページをわかりやすくカスタマイズすることにより、探している情報の場所をユーザーに知らせることができます。また、役に立つ他のコンテンツを提供して、サイト内をさらに探すよう促すこともできます。有用なカスタム 404 ページを設計するためのヒントは次のとおりです。

  • ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを明確に伝えます。親しみやすく平易な言葉を使用します。
  • 404 ページを、サイトのその他の部分と同じデザイン(ナビゲーションを含む)にします。
  • 最も人気のある記事や投稿へのリンクのほか、ホームページへのリンクを追加します。
  • 無効なリンクを報告する方法をユーザーに提供することを検討します。

該当ページまたはコンテンツが移動されている

該当ページが移動されている場合、または明確な代替ページが存在する場合は、301 (permanent redirect) を返してユーザーを適宜リダイレクトします。リダイレクトを使用することで、ユーザーのページの閲覧が妨げられることがなくなり、ページの新しい場所を検索エンジンに伝えることもできます。

該当のページおよびコンテンツが引き続き存在している

正常なページがソフト 404 エラーと認識されている場合は、Googlebot に正しく読み込まれなかった、またはレンダリング中に重要なリソースが見つからなかった可能性があります。URL 検査ツールを使用して、レンダリングされたコンテンツと返された HTTP コードを調べます。レンダリングされたページが空白になるか、ほとんど空白になる場合は、読み込むことができないリソース(画像、スクリプト、テキスト以外のその他の要素)を多く参照している可能性があります。このような状態は、ソフト 404 と解釈されます。リソースを読み込めない理由としては、リソースが(robots.txt によって)ブロックされている、ページ上のリソースが多すぎる、読み込みが遅い、リソースが大きすぎるなどが考えられます。