ソフト 404 エラー

ソフト 404 とは

ソフト 404 とは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことをユーザーに伝えるページを表示し、200 レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。コンテンツがほとんどまたはまったくないページ、たとえば、コンテンツがまばらに表示されるページや空のページなどがあります。

このエラーが推奨されない理由

404 / 410(見つからない)または 301(移動した)ではなく成功コードを返すのは、不適切です。成功コードは、その URL に実際のページが存在することを検索エンジンに知らせます。その結果、該当ページが検索結果に表示され、検索エンジンは実際のページをクロールする手間を避けて、実体のない URL を引き続きクロールしようとします。

必要な作業

  • 該当ページが利用できなくなっており、明確な代替ページが存在しない場合は、レスポンス コードとして 404(見つからない)または 410(消滅した)を返します。どちらのコードも、該当ページが存在しないことをブラウザと検索エンジンの両方に明確に伝えます。また、必要に応じてカスタム 404 ページをユーザーに表示することもできます。たとえば、人気上位のページの一覧やホームページへのリンクを掲載したページを表示します。
  • 該当ページが移動された場合、または明確な代替ページが存在する場合は、301(恒久的に移動した)を返して、ユーザーを適宜リダイレクトします。
  • ページが誤ってソフト 404 として認識されていると思われる場合は、URL 検査ツールを使用して、レンダリングされたコンテンツと返された HTTP コードを調べます。レンダリングされたページが空白になるか、ほとんど空白になる場合は、読み込むことができないリソース(画像、スクリプト、テキスト以外のその他の要素)を多く参照している可能性があります。このような状態は、ソフト 404 と解釈されます。リソースを読み込めない理由としては、リソースが(robots.txt によって)ブロックされている、ページ上のリソースが多すぎる、読み込みが遅い、リソースが大きすぎるなどが考えられます。URL 検査ツールを使用することで、そうした読み込めないリソースを一覧表示したり、レンダリングされたライブページを確認したりできます。

URL 検査ツールを使用して、URL が実際に正しいコードを返しているかどうかを確認してください。