新しいドメインのモバイル ファースト インデックスがデフォルトで有効化されます

2019 年 5 月 28 日(火曜日)

モバイル ファースト インデックス登録(スマートフォン用 Googlebot を使用したウェブのクロール)を発表してから長年にわたり、Google の分析では、新しいウェブサイトでこのクロール方法の準備が整っていることがわかっています。そこで Google は、これまで Google 検索が認識していなかったすべての新規ウェブサイトに対して、2019 年 7 月 1 日よりモバイル ファースト インデックス登録がデフォルトで有効になることをお知らせいたします。現在では、新しいウェブサイトがモバイル デバイスとパソコン デバイスの両方で、通常、ユーザーと検索エンジンに同じコンテンツを表示しているというのは素晴らしいことです。

Search Console の URL 検査ツールを使用すると、引き続きウェブサイトのモバイル ファースト インデックスを確認できます。ウェブサイトの URL を確認することで、最後にクロールされてインデックスに登録された方法をすぐに確認できます。古いウェブサイトの場合、Google はモバイル ファースト インデックス登録の準備が完了していることが確認でき次第、Search Console で通知します。新しいウェブサイトのデフォルトの状態はモバイル ファースト インデックス登録になるため、通知を送信する必要はありません。

URL 検査ツールを使用してモバイル ファースト インデックスのステータスを確認する

すべてのウェブサイトをモバイル ファースト インデックス登録で適切に機能させるためのガイドは、新規および既存のサイトに引き続き適用されます。既存のウェブサイトについては、コンテンツ(テキスト、画像、動画、リンクなど)、構造化データ、その他のメタデータ(タイトル、説明、robots メタタグなど)が同じであることに基づいて、モバイル ファースト インデックス登録の準備が整っているかどうかを判断します。ウェブサイトの立ち上げや大幅な設計変更を行う際には、こうした要因を十分に確認することをおすすめします。

Google は引き続き、レスポンシブ ウェブデザイン、動的な配信、モバイルサイトの個別 URL をサポートしていますが、新たに作成するウェブサイトにはレスポンシブ ウェブ デザインをおすすめします。長年にわたり、検索エンジンとユーザーの両方で別々のモバイル URL から問題と混乱が生じることが明らかになっており、パソコン用とモバイルサイト用の単一の URL を使用することをおすすめします。

モバイルファースト インデックスのこれまでの道のりは長いものでした。ウェブがパソコン向けからモバイル フレンドリーへ進化し、現在では大部分のウェブサイトがモバイル ユーザー エージェントを使用したクロールとインデックス登録に対応できるようになりました。モバイル化という点で、ご利用いただいている皆様が多くの労力を要していることを承知しております。多くのモバイル ユーザーに代わって、この点について感謝を申し上げます。Google はこの変更を慎重にモニタリングして評価し続けます。ご不明な点がございましたら、ウェブマスター フォーラムまたは公開イベントでご質問ください。