バンドルされているウェブサービス

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

次のウェブサービス API は、Google Maps APIs for Work ライセンスとバンドルされており、使用制限があります。 これは、Google Maps APIs for Work ユーザーに固有の制限です。

  • Google Maps Directions API
  • Google Maps Distance Matrix API
  • Google Maps Elevation API
  • Google Maps Geocoding API
  • Google Maps Roads API
  • Google Maps Time Zone API

その他のウェブサービスも使用できますが、デフォルトでは Google Maps APIs for Work ライセンスに含まれていないため、個別に購入していただく必要があります。 その他のウェブサービスは次のとおりです。

  • Google Maps Geolocation API
  • Google Places API for Work

これらの API の使用ライセンスを購入する場合は、担当の営業にお問い合わせください

Google Maps APIs for Work ライセンスでは、Google Maps Image API および Maps JavaScript API へのアクセス権も付与されます。

詳細については、以下のセクションをご覧ください。

はじめに

Google Maps APIs for Work へようこそ。

Google Maps APIs for Work ライセンスを購入すると、Google からウェルカム レターが届きます。 そのウェルカム レターに、クライアント ID秘密暗号化キーが記載されています。

この情報は非常に重要なので、安全な場所に保管してください。

このページでは、ウェブサービス API の使用開始に必要な情報を提供し、多数の重要なリソースへのリンクも紹介します。

クライアント ID とデジタル署名による認証

以下に明記したものを除き、すべての API リクエストにはクライアント ID と秘密暗号化 URL 署名キー(デジタル署名)を含める必要があります。

クライアント ID によって、Google Maps APIs for Work ユーザーとして識別され、サポートや購入済みのアプリへの割り当てが有効になります。

デジタル署名により、Google のサーバーでは、クライアント ID を使用してリクエストを生成しているサイトにその処理が承認されていることを確認できます。 クライアント ID とデジタル署名を含めずに生成されたリクエストは、Google Maps APIs for Work のメリットを利用できません。

無料の API サービスから Google Maps APIs for Work の実装に切り替えた場合は、リクエストから key パラメータを削除する必要があります。

Google Maps APIs ウェブサービスでは、クライアント ID とキーの両方を使用して作成されたリクエストは拒否されます。

認証と承認の詳細については、認証と承認のページをご覧ください。

クライアント ID または秘密暗号化キーを紛失した場合は、 Google Cloud Support Portal にログインして、 ページの左側にあるリンクの [Maps: Manage Client ID] をクリックすると、クライアント ID または秘密暗号化キーを再取得できます。

注: 次のウェブサービス API では、さまざまな認証スキームを使用します。詳細については、以下をご覧ください。

デベロッパー ドキュメント

Google Maps APIs ウェブサービスに関する主なデベロッパー ドキュメントは、次のとおりです。

プロジェクトに適した API を見つけるには、API Picker を使用します。

サポートを受ける

Google Maps APIs for Work ユーザーは Google Cloud Support Portal に加えて、電話サポートおよびメールサポートを利用できます。 連絡先情報については、サポートとリソースのページをご覧ください。