よくある質問

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

以下のよくある質問は、以前の Google Maps APIs for Work のライセンスに固有の内容です。

すべての Google Maps APIs に共通する質問については、Google Maps APIs のよくある質問を参照してください。

スタートガイド

使用制限

Google Maps APIs の使用

KML

URL 署名

スタイル設定

スタートガイド

Google Maps APIs for Work にはどのような製品が含まれていますか?

Google Maps APIs for Work には以下の Google 製品が含まれています。これらの製品を使用するアプリケーションは Google Maps APIs for Work SLA の対象であり、ユーザーはテクニカル サポートを利用できます。

以下の API は、Google Maps APIs for Work の対象外です。これらの API を使用するアプリケーションは、公開されている利用規約に従って使用する必要があります。また、現時点では Google Maps APIs for Work SLA の対象外であり、ユーザーはテクニカル サポートを利用できません。

Google Maps APIs for Work のテクニカル サポートに問い合わせる方法を教えてください。

Google Maps APIs for Work ユーザーは、以下のリンク先の Google Cloud Support Portal で、Google サポートの新しいサポートケースを開くことができます。

https://google.secure.force.com/

このポータルにアクセスするには、ユーザー名とパスワードが必要です。アカウントがない場合は、このフォームに記入してください。

Google Cloud Support Portal のログイン認証情報をリセットする方法を教えてください。

パスワードを覚えていません。このリンクは、Google Cloud Support Portal のログインページにもあります。

Google Maps APIs for Work の利用規約を教えてください。

Google Maps APIs for Work ユーザーの場合、Google Maps APIs の使用条件については契約書をご覧ください。

使用制限

Google Maps APIs for Work の使用状況が追跡およびレポートされる仕組みを教えてください。
  • Google Maps APIs for Work のライセンスの場合、Maps JavaScript API、Street View Image API、Static Maps API の使用状況はページビューに基づいて計算されます。

    ページビューは次のように定義されます。

    1. ページへの Google Maps JavaScript API の 1 回の読み込み。Maps JavaScript API は、API を使用するページが再読み込みされるたびに再読み込みされます。マップでのユーザー操作(パン、ズーム、マップタイプの変更など)では、追加のページビューは生成されません。ただし、ページビューは、API がページに読み込まれた場合に(その API がマップの表示に使用されない場合でも)生成されることに注意してください。そのため、API を読み込む <script> タグをページ テンプレートに含めることはお勧めしません。省略可能なユーザー操作に応答する場合にのみマップが表示されるページに API を非同期に読み込むことをお勧めします。
    2. Google Street View Image API イメージまたは Google Static Maps API イメージの 1 回のリクエスト。

    Google Maps APIs for Work のユーザーは、Google Cloud Support Portal(https://google.secure.force.com/)でページビューの使用状況を追跡できます。

    Google Maps APIs Standard と Premium Plan のアプリケーションは、「マップロード」によって使用制限が課されます。マップロードは、ページビューとは若干異なります。詳細については、Google Maps APIs のよくある質問をご覧ください。

  • Google Maps Mobile SDK for Work は、マップロードを使用して使用状況を追跡します。詳細については、Google Maps Mobile SDK の使用制限をご覧ください。
  • Google Maps APIs ウェブサービスでは、リクエストを使用して使用状況を追跡します(Google Maps Distance Matrix API では要素を使用して使用状況を追跡します)。詳細については、Google Maps APIs ウェブサービスの使用制限をご覧ください。
Google Maps JavaScript API の使用制限について教えてください。

「ページビュー」(定義については上記参照)を構成するリクエストは、Google Maps APIs for Work ライセンスで購入したページビューの合計数に対して適用されます。この使用制限に達した場合、ライセンスをすぐに更新する必要があります。

Google Maps Mobile SDK for Work の使用制限について教えてください。

各マップロードは、Google Maps Mobile SDK for Work ライセンスで購入したマップロードの合計数に対して適用されます。この使用制限に達した場合、ライセンスをすぐに更新する必要があります。詳細については、Google Maps Mobile SDK の使用制限をご覧ください。

Google Maps APIs ウェブサービスの使用制限について教えてください。

Google Maps APIs for Work のユーザーには、Google Maps APIs ウェブサービスに以下の使用制限が提供されます。

ウェブサービス 使用制限
ルート案内 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。1 回のリクエストあたり最大 23 点のウェイポイント。レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
標高 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。1 回のリクエストあたり最大 512 地点。レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
ジオコーディング 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Distance Matrix 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 個の要素を最低とし、年間契約購入に応じて増加。1 回のクエリあたり最大 625 個の要素。10 秒あたり最大 1,000 個の要素。
Time Zone 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Roads 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。1 回のリクエストあたり最大 100 地点。

これらの使用制限は、Google Maps APIs for Work の各クライアント ID またはデベロッパー プロジェクトに適用され、所定のクライアント ID またはデベロッパー プロジェクトを使用するすべてのアプリケーションと IP アドレス間で共有されます。

使用制限を増やす必要がある場合は、購入情報について Google Maps APIs for Work Account Manager にお問い合わせください。

Google Places API と Google Maps Geolocation API の使用制限について教えてください。

Google Maps APIs for Work の契約の一部として Google Places API または Google Maps Geolocation API を購入している場合の使用制限については Google API Console の [Quotas] セクションで確認できます。使用制限を増やす必要がある場合は、Google Cloud Support Portal から Google にお問い合わせください。

Google Maps JavaScript API から送信されるジオコーディング リクエストの使用制限について教えてください。

Google Maps APIs for Work のユーザーには、Maps JavaScript API から送信されるジオコーディング リクエストに以下の使用制限が提供されます。

サービス 使用される API  使用制限
ジオコーディング
Google Maps JavaScript API

Geocoding には 1 日あたりの割り当てとレート制限があり、所定の IP アドレスを共有しているユーザー数とは関係なく、ユーザー セッションごとに適用されます。

このサービスを、Geocoding のバッチ操作に使用しないでください。バッチ操作には、Google Maps Geocoding API を使用してください。

Google Maps イメージ API の使用制限について教えてください。

Google Maps APIs for Work のユーザーには、Google Maps イメージ API に以下の使用制限が提供されます。

サービス 使用制限
Google Static Maps API

リクエスト回数は、Google Maps APIs for Work ライセンスで購入したページビューの合計数に対して適用されます。

最大イメージサイズは 2048 x 2048 ピクセルです。以下で説明するように、イメージサイズは sizescale の乗算です。

Google Street View Image API

リクエスト回数は、Google Maps APIs for Work ライセンスで購入したページビューの合計数に対して適用されます。

最大イメージサイズは 2048 x 2048 ピクセルです。


Google Static Maps API イメージは、最大 2048 x 2048 ピクセルまでリクエストできます。静的マップ リクエストの scale 値が返されるピクセル数に影響するため、最大 size 値はスケールレベルごとに異なります。

スケール 最大サイズ 戻り値
1 2048x2048 2048x2048
2 1024x1024 2048x2048
4 512x512 2048x2048

Google Street View Image API では scale パラメータはサポートされていません。

Google Maps APIs の使用

各種 Google Maps APIs 製品に使用する必要があるキーまたは認証情報は何ですか?

Google Maps APIs を使用するたびに、有効なリクエストであることを確認するために、認証情報を含める必要があります。必要な認証情報の種類は、Google Maps APIs for Work ライセンスで使用している API によって異なります。ほとんどの API では、クライアント ID を使用します。場合によっては、API キーが必要になることもあります。

  • クライアント ID:クライアント ID は、Google Maps APIs for Work のユーザーとしてサインアップしたときに与えられます。

    クライアント ID を使用した API のロード例: &client=gme-companyname

  • デジタル署名: 通常、Google Maps APIs for Work のユーザーは、クライアント ID で認証するときにデジタル署名を使用します。デジタル署名は、Google から提供された暗号化キーを使用して生成します。
  • API キー:API キーは、Google API Consoleを使用して生成する一意の識別子です。API キーは、通常は標準 API で使用します。一般に、Google Maps APIs for Work のユーザーはクライアント ID を使用しますが、一部の API ではクライアント ID ではなく API キーが必要になります。API キーが必要な API では、制限されていない API キー(「汎用的な API キー」と呼ばれる)または強化されたセキュリティ制限が設定されたキー(推奨)を使用することができます。汎用的な API キーは、すべてのプラットフォームの API で使用できます。

    API キーに制限(IP アドレスなど)を追加する場合、その制限を付けたキーは、その制限タイプをサポートするプラットフォーム上でのみ機能します。API キーの制限タイプは以下の 4 つです。

    • サーバーの制限(IP アドレスによる制限)- ウェブサービス API で使用します。
    • ブラウザの制限(HTTP リファラーによる制限)- ウェブ API で使用します。
    • Android アプリの制限(パッケージ名およびフィンガープリントによる制限)- Android API で使用します。
    • iOS アプリの制限(iOS バンドル識別子による制限)- iOS API で使用します。

    同じプラットフォームの API では、同じ制限付きのキーを使用できます。

    注: Google API Console でキーを生成している場合、Google Maps APIs for Work のユーザーはサインアップ時に作成されたプロジェクトを選択する必要があります。このプロジェクトの名前には Business または Work という語が含まれます。

    キーを使用した API のロード例: &key=AIzaSyBjsINSH5x39Ks6c0_CoS1yr1Mb3cB3cVo

次の表に、各 Google Maps APIs 製品で使用する認証情報を示します(前述のとおり、API キーの制限のタイプは、サーバー、ブラウザ、Android、iOS です)。

API Google Maps APIs for Work ユーザー
Google Maps Android API Android 限定の API キー
Google Places API for Android 使用不可
Google Maps SDK for iOS iOS 限定の API キー
Google Places API for iOS 使用不可
Google Maps JavaScript API クライアント ID
Google Static Maps API クライアント ID + デジタル署名
Google Street View Image API クライアント ID + デジタル署名
Google Maps Embed API 使用不可
Google Maps Directions API クライアント ID + デジタル署名
Google Maps Distance Matrix API クライアント ID + デジタル署名
Google Maps Elevation API クライアント ID + デジタル署名
Google Maps Geocoding API クライアント ID + デジタル署名
Google Maps Geolocation API サーバー限定の API キー
Google Maps Roads API サーバー限定の API キー
Google Maps Time Zone API クライアント ID + デジタル署名
Google Places API Web Service サーバー限定の API キー
HTTPS(SSL)を介して読み込まれたページから、Google Maps APIs for Work のクライアント ID を使用して Google Maps APIs にアクセスする方法を教えてください。

HTTPS を介して読み込まれたページから Google Maps APIs にアクセスするには、最初に、API を使用する HTTPS URL を承認する必要があります。

共通ローダーで base_domain パラメータを使用している場合に、HTTPS(SSL)を介して Google Maps JavaScript API を読み込む方法を教えてください。

共通ローダーで base_domain パラメータ セットを使用している場合は、SSL を介して Maps JavaScript API を読み込むことはできません。

base_domain パラメータはアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼしません。API リクエストは、API が読み込まれるドメインに関係なく、特定のユーザーの位置情報に対して最適なマップサーバーで常に処理されます。

base_domain は、指定した地域を優先してジオコーディングの結果を表示します。base_domain を使用せずに同じ効果を得るには、ジオコーディング サービスの region パラメータを設定します

KML

マップ上でイントラネット サイトにホストされている KML ファイルをレンダリングする方法を教えてください。

Google Maps JavaScript API の KML オーバーレイを生成する KmlLayer クラスは、Google がホストするサービスを使用して、レンダリングする KML ファイルの取得および解析を行います。そのため、一般公開されている URL でホストされていない、またはアクセスに認証が必要な KML ファイルを表示することはできません。

イントラネット サイトにホストされている KML ファイルを使用するアプリケーションを開発する必要がある場合は、サードパーティの JavaScript ライブラリを使用して、クライアント側で KML ファイルをレンダリングすることをお勧めします。KML ファイルはブラウザによって分析されるため、KmlLayer クラスを使用する場合よりもパフォーマンスが低下する可能性があります。

URL 署名

JavaScript を使用して URL に署名できますか?

暗号化キーがエンドユーザーに公開されるため、JavaScript を使用して URL に署名しないでください。署名は、サーバー側のコンポーネントのみで生成する必要があります。

Google Maps APIs ウェブサービス リクエストに対して、HTTP 403 Forbidden レスポンスが返されるのはなぜですか?

HTTP 403 レスポンスは、主にリクエストに対して署名を検証できなかったことに起因するパーミッションの問題を示します。この問題は以下の原因で発生する可能性があります。

  1. 署名は指定されているが、このリクエストに対して適切なものではない。
  2. リクエストでは Google Maps APIs for Work クライアント ID を指定しているが、署名を指定していない。呼び出されるウェブサービスでは、クライアント ID を使用して作成されたすべてのリクエストに有効な署名が含まれている必要があります。
  3. 署名は指定されているが、関連する Google Maps APIs for Work クライアント ID が指定されていない。

スタイル設定

マップ上にお店が表示されないのはなぜですか?

client パラメータを含め、Google Maps JavaScript API を使用してマップを読み込むと、マップ上のお店のリストがデフォルトでオフになります。これらのリスト表示をオンにするには、マップにスタイル設定コードを含める必要があります。

var styles = [
  {
    featureType: 'poi.business',
    stylers: [
      { visibility: 'on' }
    ]
  }
];

map.setOptions({styles: styles});