割り当てとレポート機能

以前の Google Maps APIs for Work または Google Maps API for Business ライセンスを所有している方は、Google Places API を Google Places API for Work として購入済みです。 このセクションでは、この API の使用制限とレポート機能について説明します。

割り当て

Google Maps APIs for Work の契約の一部として Google Places API for Work を購入している場合の使用制限については、Google API Console に表示される API の [Quotas] セクションで確認できます。

割り当ての使用制限を表示するには、次の手順を実行します。

  1. Google API Console にアクセスして、Google アカウントでログインします。
  2. 登録時に作成されたプロジェクトを選択します。
    プロジェクト名の先頭は、必ず Google Maps APIs for Business or Google Maps for Work or Google Maps となります。
  3. 有効な API のリストから、[Places API - Zagat Content service] をクリックします。
    [Overview] タブでその API が開きます。
  4. [Quotas] タブを選択して割り当ての詳細を表示します。

注: Places API - Zagat Content service エントリが表示されるのは、プロジェクトの最初の所有者のみです。 サービスが表示されるようにプロジェクト所有者の追加承認をリクエストするには、Google Cloud Support Portalに技術以外のケースを提出します。

乗数

テキスト検索リクエストに適用される 10 倍という乗数は、Google Maps APIs for Work の契約の一部として Google Places API Web Service を購入している場合は適用されません。 テキスト検索リクエスト 1 回で、リクエスト 1 回分の割り当て量を使用することになります。 乗数の詳細については、Google Places API Web Service の[使用制限][limits]をご覧ください。

レポート機能

API コンソールの [ Dashboard] ページでは、Google Places API Web Service の詳細使用状況レポートにアクセスできます。