Google Places API for Work のキーを取得する

以前の Google Maps APIs for Work または Google Maps API for Business ライセンスを所有している方は、Google Places API を Google Places API for Work として購入済みです。 本ドキュメントのこのセクションでは、この API をセットアップする方法について説明します。

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

Google Places API for Work では、API キーでアプリケーションを識別します。 API キーは、Google Maps JavaScript API またはその他の Google Maps APIs for Work ウェブサービスで使用するクライアント ID と同じではありません

リクエストにキーを含めることによって、Google API Console でのアプリケーションの API 使用状況の監視や IP アドレス単位ではなくキー単位での割り当て制限が可能になり、必要な場合には、Google からアプリケーションについての問い合わせもできるようになります。

詳細については、Google API Console ヘルプをご覧ください。

API キーを取得する

Google Places API for Work の使用を開始するには、下のボタンをクリックして Google API Console を表示し、指示に従って操作します。Google Places API Web Service が自動的にアクティベートされます。 重要: [Project] プルダウン メニューでは、Google Places API for Work を購入した際に作成されたプロジェクトを選択する必要があります。

キーの取得

または、次の手順で Google Places API for Work の API キーを取得します。

  1. Google API Console に移動します。
  2. 登録時に作成されたプロジェクトを選択します。
    プロジェクト名の先頭は、必ず Google Maps APIs for Business or Google Maps for Work or Google Maps となります。
  3. [Continue] をクリックして API を有効にします。
  4. [Credentials] ページで API キー を取得します(さらに、API キーの制限を設定します)。

注: 既存のサーバーの制限が設定されたキーを所有している場合は、そのキーを使用することもできます。

  1. 割り当て量の盗用を防ぐため、ベスト プラクティスに従って API キーを保護します。

また、<a class="gc-analytics-event"

  data-category="lookUpExistingKey"
  data-action="linkClick"
  data-label="body"
  href="https://console.developers.google.com/project/_/apiui/credential">
  Google API Console では、既存のキーを探す</a>ことができます。

Google API Console の使用に関する詳細については、API Console のヘルプをご覧ください。

キーを使用する

各リクエストで key パラメータの値としてキーを渡す必要があります。

https://maps.googleapis.com/maps/api/place/nearbysearch/json
  ?location=-33.8670522,151.1957362
  &radius=500
  &types=food
  &name=harbour
  &key=YOUR_API_KEY

キーが設定されていないリクエストは失敗します。

IP アドレスを制限する

他のアプリからキーが使用され、割り当てを消費されるのを防ぐため、API キーを使用してリクエストを送信できる IP アドレスを制限することができます。

  1. Google API Console に移動します。
  2. 登録時に作成されたプロジェクトを選択します。
  3. API キーのリストで、使用しているキーを選択します。
  4. [Restrictions] セクションで、[IP addresses (web servers, cron jobs, etc.)] を選択します。

  5. [Accept requests from these server IP addresses] で、キーを受け入れる IP アドレスを 1 行に 1 つずつ入力します。 CIDR 表記を使用してサブネットを入力することもできます(例:

192.168.0.0/22)。