以前の Google Maps Mobile SDK for Work

以前の Google Maps APIs for Work または Google Maps API for Business ライセンスを所有している方は、Google Maps Android API および Google Maps SDK for iOS を Google Maps Mobile SDK for Work として購入済みです。 このセクションでは、SDK の使用制限とセットアップについて説明します。

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

はじめに

Google Maps Mobile SDK for Work ライセンスにより、Google Maps Android API と Google Maps SDK for iOS の拡張機能が利用可能になります。 このドキュメントは、このサイトの他のページで公開されている主要なドキュメントを補足するものです。

iOS および Android 版の SDK には、同じ利用規約と使用制限が適用されます。 ただし、各パッケージには固有の機能セットが含まれます。 各パッケージの詳細については、次の製品固有のガイドをご覧ください。

使用制限

Google Maps Mobile SDK for Work は、購入済みの割り当てに対してマップロードをカウントします。 割り当ては、購入時に定義された所定の期間、適用されます(通常、1 年)。 Google API Console の [Quotas] タブで、いつでも割り当てを確認できます。

マップロードは、Google マップまたはパノラマ オブジェクトの 1 回のインスタンス化として定義されます。

  • iOS の GMSMapView または GMSPanoramaView オブジェクト
  • Android の MapFragmentSupportMapFragmentMapViewStreetViewPanoramaFragmentSupportStreetViewPanoramaFragmentStreetViewPanoramaView のいずれか マップロードは、関連する onCreate() メソッドが呼び出されるたびに登録されます。

パン、ズーム、マップタイプの変更など、ユーザーによるマップの操作では追加のマップロードは発生しません。 新しいパノラマ画像のパンまたはロードなど、ユーザーによるパノラマビューの操作でも追加のマップロードは発生しません。

割り当ては iOS および Android プラットフォームで共有されます。

購入済みの割り当てをすべて使い切ったときは、ライセンスをすぐに更新する必要があります。

デベロッパー ドキュメント

デベロッパー向けの主な情報ソースは、次の各プラットフォームのドキュメントです。