割り当てとレポート機能

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

使用制限

Google Street View Image API または Google Static Maps APIのいずれかからイメージをリクエストすると、各リクエストは購入済みの割り当てに対する 1 つのページビューとしてカウントされます。 割り当てはクライアント ID を使用するすべてのアプリケーションと IP アドレス全体で共有されます。

購入済みの割り当てをすべて使い切ったときは、ライセンスをすぐに更新する必要があります。 使用制限を増やす必要がある場合は、購入情報について Google Maps APIs for Work Account Manager にお問い合わせください。

レポート機能

Google Maps イメージ API のレポートには、Google Cloud Support Portal からアクセスできます。

  1. Google Cloud Support Portal にログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、[Maps: Usage Report] をクリックします。

Google Static Maps API の使用状況はレポートの [Static v2] 列に示され、Google Street View Image API の使用状況はレポートの [Street View] 列に示されます。

チャンネル レポート

同じクライアント ID を使用して異なるアプリケーションの使用状況を追跡する場合、リクエストで省略可能な channel パラメータを指定できます。 アプリケーションのさまざまな側面に異なる channel 値を指定することで、アプリケーションの使用方法を正確に判断できます。

たとえば、社外向けウェブサイトでは channelcustomer を設定し、社内マーケティング部門では channelmkting を設定して API にアクセスします。 レポートでは、使用状況が channel 値別に分類されます。

channel パラメータは次の形式で使用する必要があります。

  • ASCII 英数字の文字列にする必要があります。
  • ピリオド(.)、アンダースコア(_)、およびハイフン(-)の各文字を使用できます。
  • channel パラメータでは大文字と小文字は区別されません。大文字、大文字と小文字の混在、小文字の channel パラメータは同じ文字の小文字に統一されます。

たとえば、CUSTOMER チャンネルの使用状況は、customer チャンネルの使用状況と組み合わされます。

  • channel 値はアプリケーション インスタンスごとに割り当てる静的な値にする必要があるため、動的に生成してはいけません。 たとえば、channel 値を使用して個人ユーザーを追跡してはいけません。

クライアント ID ごとに最大 2,000 個の個別チャンネルを使用できます。

channel パラメータは、次のようにリクエストの URL に含めます。

https://maps.googleapis.com/maps/api/staticmap
  ?center=-15.800513,-47.91378
  &zoom=11
  &size=300x300
  &client=gme-yourclientid
  &channel=your_channel
  &signature=your_signature